スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICKⅦ ―ゴシック・薔薇色の人生―

GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)GOSICKVII‐ゴシック・薔薇色の人生‐ (角川文庫)
(2011/03/25)
著:桜庭 一樹

商品詳細を見る


総合評価:B 
1巻参照


 世界大戦の時代を力強く生きた女性たちの様子が描かれた話であったと思う。

 クリスマス直前の聖マグリット学園だったが、父ブロワ侯爵に召喚されグレヴィールとともに首都ソヴレムへと向かう。一弥もヴィクトリカを心配して後を追う。ヴィクトリカが解決することになったのは、ソヴュール王国最大のスキャンダルにして謎、王妃ココ=ローズの首なし死体事件だった。ブロワ侯爵のオカルト省・ロジェの科学アカデミー・ロスコーとコルデリアたちの思惑が入り混じり、豪華劇場で〈ソヴレムの青い薔薇〉が再演される中、過去に葬り去られた禁断の罪が暴かれる。

 錬金術師リヴァイアサンの『GOSICKⅣ ―ゴシック・愚者を代弁せよ―』と密接にリンクした話となっていた。キャラクターもシリーズ完結直前ということで主要人物は全員登場というところであった(約1名、ほぼ出番がないのですが)。セシル先生や寮母のゾフィまで出張ってきて解決に一役買う。しかし、グレヴィール警部が完全にコメディキャラと化しているなぁ。初期と比べれば、最初の険悪さなどなんのそので、本当にアルベール侯爵の息子で貴族なのかというレベルまでゆるいキャラとなったものだ。あと、えらく知能指数の高いウサギとハトが登場している。そんな人物たちがソヴレムの豪華劇場〈ファントム〉に一堂に会する。

 構成は、キャラクターたちが〈ファントム〉に集まり、王妃ココ=ローズや踊り子ニコル・ルルーなどの過去を辿りながら、事件を推理し、劇とともに解決する様は中々に圧巻である。二重三重の構成もまた。しかし、犯行動機や手段はわかったのだが、どのように首を切断にしたのかが個人的に気になるところなのであるが(まぁ、そこは人物劇がメインとなっているので)。また、今回は章の間にコルデリア・ギャロの過去が語られている。これは悲劇でしょう。まぁ、禁忌とされたソヴュール王国の過去がヴィクトリカの推理によって詳らかに様は壮大さを感じずにはいられなかったです。

 いよいよ『GOSICK』シリーズも次巻で完結。綺麗な終わりを期待しています。




GOSICKⅣ ―ゴシック・愚者を代弁せよ―
GOSICKⅤ ―ゴシック・ベルゼブブの頭蓋―
GOSICKsⅡ ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車―
GOSICKⅥ ―ゴシック・仮面舞踏会の夜―
GOSICKsⅢ ―ゴシックエス・秋の花の思い出―
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。