スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する鬼門のプロトコル3

恋する鬼門のプロトコル3 (電撃文庫)恋する鬼門のプロトコル3 (電撃文庫)
(2011/03/10)
著:出口きぬごし
イラスト:をん
商品詳細を見る

 
総合評価:B´
1巻参照

 日本史とエンターテイメントの融合具合が面白い作品だと思います
 加納マルタが加わった超常現象研究会改め超常現象研究部は悪霊を捕獲するために、寛永寺霊園に行くことに。そこで出会ったのは超強力な幽霊、江戸幕府五代将軍の徳川綱吉であった。綱吉に気に入られ、憑かれてしまう葉介。一方で、辻信政たちがマキマキを殺すべく、刺客を放って来たのだった。
 今回も新キャラ大量投入であった。強大な霊の徳川綱吉。イラストで見たときはなぜ子ども姿かと思ったが、春日みかげ著『織田信奈の野望』のように異説を取り入れているとは。戦闘的レズ集団48会館を率いり、天才的ハッカーでもある滝野川ネピア。彼女の過去は何気にヘビーです。もう少し、ネピアについて描いてほしかったと思います。霊獣烏天狗を操る山伏の十蔵。浅草で闇の組織を統率している浅草弾左衛門とその妹の矢野つどい。弾左衛門の部下の善七などであった。とりあえず、今まで登場してきたほぼ全員に出番はあるものの、キャラクターという面から見ると登場人物が多すぎて完全に御し切れていない印象を受けた。特に、ヒロインたる新美たまもと西井百合亜の見所が少なすぎる。それでも伏線などで組み込まれているのだが。しかし、歴史を物語に上手く取り込んでいる点は非常に評価できる。徳川綱吉や六義園、弾左衛門などなど。特に、江戸時代にえた・非人などを統轄した弾左衛門を使ってくるとは驚きであった。あと、地味に凄いネタを放ってきます。
 構成面から言うと、詰め込みすぎのように感じた。そのためか、繋がってはいるのだが、物語が凸凹しているような印象を受けた。キャラクターの魅力が表現しきれずにフィールドアウトしていたり、滝野川ネピアと天王寺真一の電脳戦や真木真十郎とチーの戦闘描写の簡略化していたりなど。ストーリーとしては面白い分、残念であった。しかし、それは次の巻が出る可能性が……だからなのか。文体は、ほぼ普通のラノベ的文章と変わりなく読みやすくなっている。
 せっかく物語が賑やかになってきたというのに、伏線も張られているのに、主人公覚醒イベントもまだなのに。個人的には気に入っているのだが。とにかく、頑張って欲しいところである。



恋する鬼門のプロトコル
恋する鬼門のプロトコル2
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。