スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム1 春にしてブラックアウト

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
(2010/09/10)
著:竹宮 ゆゆこ
イラスト:駒都えーじ
商品詳細を見る


総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:C
文体:B
内容:B´

 竹宮ゆゆこが贈る新シリーズ。さらにイラストは駒都えーじで超豪華。だが、個人的にはちょっと期待ハズレかと。
 記憶喪失となった多田万里は、何とか東京の大学に合格し、一人暮らしを始めた。大学デビューを果たそうとするが、入学式の日に自称完璧なお嬢様の襲撃を喰らう。彼女、加賀香子は幼馴染みの柳澤光央の後を追って、大学に入学してきたという。万里は香子の気持ちを知り、彼女の恋を応援することに。
 キャラクターは、全員大学生というラノベとしては年齢が高め(『わたしたちの田村くん』で中学3年~高校1年、『とらドラ!』シリーズで高校2年~3年ときて、今回は大学生か)。主人公は記憶喪失になった多田万里。さらに、記憶を失う前の幽霊の多田万里。ヒロインは自称完璧お嬢様で、その実色々と不器用な加賀香子。イケメンで万里の大学の友人1号の柳澤光央。これがメインとなっている。さらに、万里と香子がひょんなことから入部することになった通称おまけんの先輩で面倒見の良い、林田奈々ことリンダ。ロリっ子だけど、得体がしれない岡千波。三次元に絶望したオタク代表のような存在の佐藤こと二次元くん。どうやら、基本的にはこの面子で進行していくようである。あと、まだよくわからないがNANA先輩が登場している。しかし、今まで『とらドラ!』で許されてきたような行動が全体的に痛々しく、許されなくなっているように感じた。また、今回は1巻ということでキャラは顔見せ程度なのか、メインとなる三人以外はあまり掘り込まれてはいない。人間ドラマのようだから、続刊に期待すべしということなのだろうが。しかし、超能力の次は幽霊か。正直、幽霊うんぬんはいらないようにも思えるのだが。
 構成は、大学に入学して、4月の日々を描いているので、普通。宗教系の展開も大学で気をつけることという意味では、お約束かな。香子関連の展開は想定内だし。でも、やっぱり幽霊関連が何を言いたいのか良く分からない。
 世界観は、幽霊が主人公を常に見つめているということ以外は、至って普通の世界観である。ただ、大学生の生活もテーマとしているのか、万里らの生活や巻き込まれることなどはあるある的なネタとして組み込まれている。
 文体は、ゆゆこなので、安定はしている。しかし、今回はぶっ飛んだことをしていないので、あんまりゆゆこらしくはない。というか、個性的な部分が鳴りを潜めている感じ。
 内容は、『わたしたちの田村くん』『とらドラ!』に続き、主人公への恋の乗り換え話かと思いきやそれだけでは終わらなそう。全員が大学生だから、責任ある行動をという感じで、何となく全体的に痛ましい。全体的にはシリアスが強い。しかし、冒頭の物語の導入部は幽霊のこともあるから、何を言いたいのかがよくわからず、読者の誘導に失敗しているような気がしないでもない。お願いだから、ドロドロした雰囲気にはしないで欲しいね。それなりに続けるシリーズとして書いているからか、どうにも今回の話は要領を得ない印象を受けた。とりあえず、春に発売される2巻を待ちます。最後の展開は気になるため。



ゴールデンタイム2 答えはYES
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。