スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この中に1人、妹がいる!

この中に1人、妹がいる! (MF文庫J)この中に1人、妹がいる! (MF文庫J)
(2010/08/21)
著:田口 一
イラスト:CUTEG
商品詳細を見る


総合評価:B
キャラクター:B´
構成:C
世界観:B´
文体:B
内容:B

 アイディアの勝利という感じで、全体的なバランスは悪いながらも面白かったので、評価は高め。
 会社を世界的規模まで広げた父・帝野熊五郎を亡くした主人公の帝野将悟は父の葬儀の日に隠し子だという謎の『妹』に会う。しかし、正体もわかなかったため、記憶から消えていた。将悟は社長の座を継ぐため、猛勉強をし、父親の遺言に従い、生涯の伴侶を探すために上流学校たる深流院学園へと編入することになる。そこでヒロインたちと出会っていくことになるのだが、携帯に『妹』からの電話がかかってくる。女の子と仲良くなりたいけど、血のつながった妹かもしれないというドキドキのラブコメである。
 キャラクターは、メインヒロインの二人は魅力的な「妹」とてして描かれていて良かった。ただ、それぞれの魅力点について、もう少しずつ掘り下げられたと思う。また、サブヒロインたちの扱いが出番が少ないため、微妙。紹介程度ということのだろうけど。ほとんど、出てきただけになってしまっていて、どんなキャラクターなのかを掴むまでで終わってしまっている(2巻以降出すなら別にいいのだが)。特に芽衣。
 構成は、主人公中心のハーレム形成になるが、結局二人にスポットライトが当たる形になってしまうので、後半は若干失速気味。
 世界観は、グループの御曹司が結婚相手を探しにお嬢様多めの学園に編入というありきたりなものだが、悪くない。
 文体は、可もなく不可もなく、普通です。至って一般的なもので、特筆するようなことはないが、読みやすいのは良い。
 内容は、ただのありきたりな主人公ハーレムというわけではなく、そこに亡き父の隠し子、血の繋がった『お兄さまの妹』なる人物が登場することにより、実の妹と結婚するわけにはいかないという主人公のパニックっぷりと妹の大胆さが愉快痛快である。このような点が加わると、こうも面白くなるとは。妹、強し。タイトルもまた良い味出しているね。
 せっかくキャラクターが出ているので、2巻も出してほしいところ。しかし、アイデア勝ちだった1巻に対してうまく続けられるのだろうか。



この中に1人、妹がいる!2
この中に1人、妹がいる!3
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。