スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信奈の野望3

織田信奈の野望 3 (GA文庫)織田信奈の野望 3 (GA文庫)
(2010/05/15)
著:春日 みかげ
イラスト:みやま零
商品詳細を見る


総合評価:B
1巻参照

 織田信奈上洛から京や堺での出来事を扱った巻になります。
 明智十兵衛光秀を伴い、信奈がついに京に上洛を果たす。京で今川義元の将軍宣下をやまと御所から得るべく堺での資金調達をしたり、そのために良晴と光秀が創作たこ焼き勝負をしたり、ルイス=フロイスや伊達政宗との出会い、下克上の代名詞こと松永久秀が登場し清水寺で戦いが始まったりと内容は盛りだくさんである。史実とはまた異なる「やまと御所」や「姫巫女」なる存在が登場。きちんと理由付けがなされているので、良いと思う。織田を排除したい存在として愉快な公家の近衛前久が登場している。十兵衛は腹黒と見せかけて意外に単純な子で、良晴のことを「相良先輩」や「サル人間」などと呼ぶなど、かなり豊かなキャラ。中々楽しめます。また、前回どうもいけ好かなかった浅井長政の真の姿も明らかに。堺では南蛮寺に金髪碧眼で巨乳という何ともという姿の宣教師ルイス=フロイスとデウスの教えにすっかりはまった中二病童女の伊達政宗が登場。それに加えて、曲直瀬道三や会合衆の今井宗久、津田宗及なども登場。このシリーズ、毎巻新キャラがかなり登場してくるものの、それぞれキャラクターが立っているため、非常に読みやすい。そこが強みだと考える。たこ焼きはこの時代にはなかったわけだが、楽しく展開しているからこれはこれで思わせてくれる。松永久秀はこれまた独特なキャラとして描かれています。松永久秀との交戦の中で良晴が光秀に対する態度などが良いです。今巻はそこまで熱いシーンはないものの、安定した面白さを供給してくれる。
 最後の展開が「金ヶ崎の退き口」と風雲急を告げているので、今後に期待したいところである。



織田信奈の野望
織田信奈の野望2
織田信奈の野望4
織田信奈の野望5
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。