スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)
(2011/02/15)
著:裕時 悠示
イラスト:るろお
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:B
構成:B´
世界観:B´
文体:B
内容:B´

 作者の言葉を借りるならば、「すさまじく王道」で「とてつもなく正しい」ラブコメ。平坂読『僕は友達が少ない』にも通ずる残念日常系ラブコメです。
 キャラクターは、基本的に主人公・幼なじみ・彼女だけで展開している。高校生になって真面目に医学部を目指すようになった元中2病の季堂鋭太。鋭太の幼なじみで明るく短絡的な思考と行動をする「残念チワワ」こと春咲千和。鋭太の「彼女」となった恋愛アンチでジョジョ好き毒舌系美少女の夏川真涼(個人的には戦場ヶ原ひ○ぎを想像させます)。あとは、サブキャラがいくらか。鋭太と真涼がオタクネタを応酬する以外はキャラクターの性格は定番である。サブキャラの坂上先輩はコテコテである。ただ、キャラクターは定番ゆえに魅力的にも映る。
 構成は、1編20ページ前後の12編の短編で構成されている。なので、区切りが多く読みやすい。構成順としては極めて妥当且つ王道である。
 世界観は、まったくの王道。それ以外記述することがないくらい。
 文体は、読みやすい。オタクネタもやってコメディもすらすらやって、シリアスにも対応できているので十分ではなかろうか。
 内容は、兎にも角にも「王道」。これしか言いようがない。修羅場は修羅場だが、幼なじみも彼女も愛憎劇を展開させるわけではないので甘いラブコメである。両親の離婚と医学部進学の目標から恋愛アンチとなり千和との日常を過ごしていた鋭太だったが、クラスメイトに美少女の帰国子女の真涼が現れ、告白される。断ろうとする鋭太だったが、真涼は鋭太の秘密を握っていた。そこから偽装彼氏彼女の関係が始まり、そこに幼なじみも当然口を出してくると。同好会「自らを演出する乙女の会」を作ったり、ぱんつはいてないかどうか検討されたり、演劇?をやったり、と自由に繰り広げられている。最後の展開はまさに王道(個人的には田中ロミオ『AURA ~魔竜院光牙最後の戦い~』が思い出されます)。安心して展開に身を委ねられる作品だと思われる。ただ、難点としてはあまりにも王道すぎてオリジナルティが特に見受けられないということである(なので、個人的に1ランクダウンさせてもらった)。だがもちろん、サクサク読めて面白い
 何も奇を衒ったことはしていない作品なので、王道的展開を単純に楽しめばよいと思う。あと、著者紹介の欄が相変わらず面白い。しかし、略称は「おなる」ですか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。