スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたらく魔王さま!

はたらく魔王さま! (電撃文庫)はたらく魔王さま! (電撃文庫)
(2011/02/10)
著:和ヶ原 聡司
イラスト:029
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:B
構成:C
世界観:B
文体:B´
内容:B´

 第17回電撃小説大賞銀賞受賞作「魔王城は六畳一間!」より加筆・修正。
 庶民くさい魔王と勇者が何とも愉快な作品。
 キャラクターは、勇者によってエンテ・イスラの世界征服を目前で敗れ、異世界である地球の日本の笹塚に辿り着いた魔王サタンこと真奥貞夫と悪魔大元帥アルシエルこと芦屋四郎。さらにそれを追ってきた勇者エミリアこと遊佐恵美。貞夫のバイト先マグロナルドの後輩、佐々木千穂。主にこの四人で物語が構成されている。「朱に交われば赤くなる」というのだろうか、一年間の普通の人間生活を経たことで所帯じみた魔王や勇者が面白い(何となく川崎のヒーローが思い出されますが)。ビニール傘一本、日々の食事すら苦労する真奥や芦屋の生活は笑いを通り越して泣けてきそうである。魔王が正社員を目指したり、個人情報とか気にしたりしてどうするよ(笑)。銀行口座を心配する勇者なども聞いたことがない。キャラクターはそういう点を結構楽しめる。キャラクターの外見については本文中あまり詳しい描写がないため、029のイラストに頼っている面が強い。魔族状態の魔王は想像に任せるしかないというのは残念である。貞夫の住むアパートの大家の志波美輝の正体や天使ライラと魔王の関係など、語られていない謎もあるので次で明かされるのだろうか。
 構成は、前半部はキャラクターたちによる愉快な生活の様子を描いているが、後半はエンテ・イスラからの刺客との戦いがメインとなる。そのため、前半のテンポが失速気味になり少々バランスが悪くなる。事後処理が少し長い。別段、物語として問題はないのだが。個人的にはもっと前半部を見せてほしかった。
 世界観は、現実の日本の様子や真奥たちの生活などは良かったと思う。地球における魔力の在り処が人の恐怖という設定や言語習得を「概念送受(イデアリンク)」とするなどは考えられている。細かい部分を詰めていけば、さらによくなると思う。真奥たちの六畳一間の様子など。あとは、元いた世界エンテ・イスラの情報がもう少し欲しかった。
 文体は、標準的。上位視点なので、ストーリーはあっさりと展開していく。ただ、キャラクターの心情描写が少ないので、そこが少し残念。千穂や恵美の心情は上手くはぐらかされているような気がする。
 内容は、とにかく魔王や勇者たちのこの世界への適応度合いが楽しい。勇者との戦いで魔力を消費し、命からがら日本に辿り着き、魔力の補充もできないため、元の世界に帰ることも出来ない。そのため、苦労しながらも生活する魔王たちの姿が良いのです。悪魔大元帥アルシエルなど完全に主夫化してますし。勇者とも人間の姿同士で話して、持ちつ持たれつなのが何とも。ただ、後半のかつての魔王の部下ルシフェルや勇者の仲間のオルバが入り乱れてのファンタジーバトルは描写がイマイチ。バトルの詳細を上手く避けているのだが、その分盛り上がりに少々欠ける。もっと魔王と勇者の共闘シーンは入れても良かったと思う。展開は王道がそこすら伏線として消化したのは中々好感である。しかし、最後の魔王の復活?について少々こじつけくさくはあるのだが。また、作品的にはラブ成分が少ないですが、勇者が今後も魔王に少しずつデレていってほしいですね。
 面白い作品であると思うので、今後の続刊などに期待したい。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。