スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの

これはゾンビですか?2  そう、私は死を呼ぶもの (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの (富士見ファンタジア文庫)
(2009/05/20)
著:木村 心一
イラスト:こぶいち、むりりん
商品詳細を見る


総合評価:C
1巻参照

 相変わらず不思議な展開をしてくれる作品である。
 今回の話は要約すると、偽メガロの大量発生に吸血忍者の活動活発化、新キャラで吸血忍者の吉田友紀の登場、大先生の謎の預かり物、京子とボスキャラの登場、ユーの失踪である。しかし、相変わらず意味不明かつ無茶苦茶な話のくせに、最後にはちゃんと伏線が回収され、物語が収束しているのが凄いと言える部分である。今までラノベもとい小説業界と無縁だったが故に、こんな破天荒な物語を紡ぎ出せているのであろう。キャラは相変わらず独特で、自由奔放に動き回っている感じである。偽メガロの弱点はとんこつラーメンに、その雨を降らすための装置、友紀との初キス、友紀の学校への登場(以前からいたのかのかしれないが、本文では曖昧なため不明)と謎の透視メガネ、鉛筆型爆弾にエロ本、七夕、ハルナとのラブコメ。これらが全て伏線だとはとても信じられないな。しかし、『ゾンビ』はラブコメ的な部分がわかりにくく少ないので、そこら辺がどうなのかと思ったり。吸血忍者だと思っていた友紀が大先生の作った魔装兵器だったという使い方は褒められるな。でも、京子はセリフからどんな形態をしているのかわかっていたんじゃないのかな(どうも記憶があやふやでわかりにくかった)。友紀っていつから高校にいるのだろうか。そこら辺がどうもあいまいなのではっきりさせてほしいところである。セラはユーの暗殺拒否から上司であるサラスバディに裏切り者扱いされている。そして、ユーが消えてしまいどん底状態だと思ったら、何か「俺たちの戦いはこれからだ!」みたいな終わり方しちゃってる。
 内容がとことんぶっとんでるといえるのではなかろうか(良い意味で)。



これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です
これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します
これはゾンビですか?4 うん、先生が最強だよ!
これはゾンビですか?5 ああ、マイダーリンはロクデナシ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。