スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です

これはゾンビですか?1  はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)
(2009/01/20)
著:木村 心一
イラスト:こぶいち、むりりん
商品詳細を見る


総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:C
文体:C
内容:C

 第20回富士見ファンタジア大賞佳作受賞作。
 キャラクターは、天才魔装少女のハルナに鉄面皮なネクロマンサーのユー、巨乳吸血忍者のセラ、ゾンビで高校生の主人公の相川歩とキャラ要素はこれでもかというほど詰め込んでいる。あと、オマケで友人の織戸がいる。しかし、キャラクターを完全に活かしきれておらず、もう少し魅せて欲しいというところで終わってしまってる。特に、結局吸血忍者とは何だったのかのが浮いてしまっている感じ。
 構成は、ちゃんと繋がっているようでイマイチちぐはぐな印象を受ける。だが、最後にはきちんと伏線とは思えなかった伏線まで回収して終わらせているのは独特。今までのラノベにおける「お約束」が通用しない展開で、先の展開が読めない。普通、ラノベではヒロインタイプは主人公の側(学校に転校してくるなり、出来るだけ側にいたがる)にいるものだが、ヒロイン三人とも主人公宅に居候して自ら動かないというのはすごい。
 世界観は、詳細部分に関してはイマイチ詰められておらず、発展段階といったところ。特に魔装少女たちのヴァリエ、メガロたちの住む冥界は詳しい説明がないため、想像するしかない。そこら辺の説明や描写が足りないのが残念といえるか。ただ、基本的に作者の世界観作りとしては成功していると考える。
 文体は、面白くしようとしている努力は認められるが、どうも前後のつながりがうまくいっていない印象。説明が不足している上に、唐突に言葉が出てくる(特に戦闘能力を言葉に出して数値化は個人的に微妙)。かなり癖が強い文体である。
 内容は、連続殺人犯によって殺され、ユーの力で復活しゾンビとなってしまった歩。そんな彼のもとにヴァリエからメガロを倒すためにやってきた魔装少女のハルナ。さらに、死んだ頭領を蘇らせてほしいと吸血忍者のセラが登場する。唐突にして少々意味不明で日常描写やバトルが展開していく。そこはノリで楽しむべきなのだろう。ファンタジアだけあって、ファンタジーの絡んだバトル描写は基本的に悪くない。もう少し全体を詰めればもっと独自路線のいい感じになるはずという感じで非常に惜しい作品。ただ、あとがきには好感を覚える。筆者がファンタジア文庫もといライトノベルの影響をあまり受けていないのがよくわかる(漫画やゲームの影響を受けているのはわかるが)。様々なパロディ作品が出ている昨今、ほぼ自分の中で詰めた設定だけで挑戦してきているというのはなかなか頑張っているものだと考える。そこが佳作受賞の理由ではなかろうか。解説で書かれているように楽しく書かれている天然なバカ作品であるため、まっさらな気持ちで読むとよいのだろう(笑える点もあるし)。
 テンポや展開が独特なのでかなり人を選ぶような印象。全ての値が未熟だが、新たな刺激にはなる作品であると思う。



これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの
これはゾンビですか?3 いえ、それは爆発します
これはゾンビですか?4 うん、先生が最強だよ!
これはゾンビですか?5 ああ、マイダーリンはロクデナシ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。