スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロクロネクロ

シロクロネクロ (電撃文庫)シロクロネクロ (電撃文庫)
(2011/02/10)
著:多宇部貞人
イラスト:木村樹祟
商品詳細を見る



総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:C
文体:B´
内容:B´

 第17回電撃小説大賞大賞受賞作。シロネクロマンサーとクロネクロマンサーの戦いに巻き込まれた主人公を中心に描いたバトルときどきラブコメ。バランスは良い。
 キャラクターは、主人公以外はもう一歩踏み込んで書いて欲しかったというところである。主人公である不二由真は明るく能天気な高校生。男子としても健全です(作者の経験も入っているのかしらん)。ただ、妄想は人一倍のよう。また、物事を背負い込めるタイプなので好感は持てる。二度殺されかけた瑠衣にまで優しいのはどうなのって気もするけれど。ヒロインの高峰雪路は父親を亡くした天才シロネクロマンサー。由真に関わってほしくないということからほとんど主張することが出来ずに終了したという印象。なので、ヒロインとしての魅力がほとんど伝わってこず、残念な感じ。たいしてラブコメしていないし。その一歩手前で今回は終わっているといったところ。同じく中盤より登場する準ヒロイン格のソファイアも背景がよくわからないまま進行し雪路を「お姉様」と慕っている以上の感情を持っているのは伝わってくるのだが、どうも活躍の場や主張が少ないため印象が薄い。敵サイドにあたるクロネクロ側の岸谷万里王(まりお)とその妹でゾンビの瑠衣、プラトーンや高校の化学教師で雪路の父親の親友の八尾先生は背景をもっと描写してほしかった。由真の友人の関谷とラブコメ展開になりかける大塚は出番が少ないこともあって少し中途半端といったところ。後半出番も全くなくなっているし。どちらかといえば、男キャラのほうが魅力的に描かれていると思う。別に悪くはないのだが、キャラたちの背景や主張が少ないので、魅力が半減しているように考える。
 構成は、微妙。後半(五章以降)は収束してきてそれなりに盛り上がるのだが、前半がどうも見せ場に欠け少々退屈な感じ。イベントをこなすことはこなしているのだが、主人公の由真があまり派手に動かないのとヒロインの雪路が絡んでこず単独で戦っているためではないかと思われる。また、ラブコメ的な展開もかなり少ない。また、後半は盛り上がることは盛り上がるのだが、前半部の説明が中途半端なためイマイチ心にグッとこない。日常描写やラブコメのサービスシーンをもうちょっと入れてもよかったのではなかろうか。ギミックもかなり単純である。最後のクロクロネクロは次回予告も兼ねているのだろうか。
 世界観は、現在のネクロマンサーの活動状況や戦闘についてはそれなりに描写されて形作られている。一方、それまでのネクロマンサーたちの歴史が伝わってこない。もう少しネクロマンサーたちの世界矢歴史的に積み上げてきた者が見えてもいいのだが、ほとんど描写されていないのでよくわからない。ネクロノミコンを含めた魔術やら死後の世界についてもっと描写を入れて欲しかった。シロネクロもクロネクロもお互いに組織化され、規則などがあるようだが、説明がほぼなくイメージが湧きにくい。また、暗い部分もあるにはあるのだが、そこまで突き抜けていないため弱い。もっと残酷にいってもよかったのではないだろうか。落差がたいしたことないため、盛り上がりもそこまでという感じである。結局、悪い人はいなかったというのでも問題ないのだが、最後まで読むと両組織はそこまで変わらないように思えるのだが、そこら辺どうなのだろうか。
 文体は、こなれている感じがして、特につっかかるような箇所はなかった。そこまでではないがルビや言葉遊びも行なわれている。しかし、バトル描写で擬音語が途中に入るのはそういう仕様なのだろうな。
 内容は、バトル、バトル、決戦。その合間に若干ラブコメと日常という感じで、全体的なバランスは悪くない。ただ、そこから抜きん出るものが特にない。バトルがメインとなって一番安定しているが、どうもそこまで激しくなく、由真がたいした力を持っていないため最後以外熱くならない。最後も根性論に持ち込んでいるのは別に構わないが、どうももう一つという感じが拭えない。ラブコメも全体的に少なく、寂しい。かといって、エッチなサービスシーンもこれといってなく、もっと突き抜けさせてもいいと思う。残酷なシーンや希望を抱くシーンなどでも同様。もっと世界を、描写を膨らませて欲しかったという気持ちである。
 悪くはないのだが、印象が弱くもう少し全体的に盛り上げて欲しいというのが個人的な希望である。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。