スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この恋と、その未来。 -一年目 春- 

この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)
(2014/06/30)
著:森橋ビンゴ
イラスト:Nardack
商品詳細を見る


総合評価:A´
キャラクター:A´
世界観:A´
構成:B
文体:B



 性同一性障害をテーマにした青春ストーリー、開幕!

 超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!? 四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。

 「東雲侑子」シリーズを見事に描ききったコンビによる新作の青春ラブストーリー。これに期待するな、というのは無理な話でしょう。三人の姉たちによって女性不信になった主人公の四郎が、逃げるようにして辿り着いた広島の高校で出会ったのは、性同一性障害のヒロイン・未来。ライトノベルでそんな複雑な設定を背負ったヒロインは初めてでしょう。そのような意味で、性同一性障害というテーマを扱った作品として大いに評価したいと思います。男の子の友人として接しようとしても、男の子としての気軽に接してくる性格と女の子としての身体を意識してしまい、女性不信ながらもだんだんと惹かれてしまう様が非常に切ない。さらには、1巻ラストの展開が定番ながら、心にくるものがありますね。そんな複雑な心情をリアルに描き出していく様が魅力的な作品と言えるでしょう。

 ヒロインの未来については、何とも複雑な設定を持っていて、一筋縄ではいかないところが良いですね。クラスメイトの三好沙耶ちゃんの主人公のことが気になりだし健気なところも可愛いですが、今後の展開上……になりそうなので素直に応援できない! バイト先の楠木広美さんもこんなお姉さん素敵ですわ。四郎の姉たちについては今後の主人公の家庭事情と相まってちょいちょい出てきそうなので期待したいところです。実姉としてリアルさが良い味を出しています。ところで、キャラクターの苗字は有名な武将から取られているんでしょうかね。

 舞台は、実際の広島なので、これまたリアルさを出す要因になっていると感じますね。私は広島なんて学生の時に軽く寄っただけなのでGoogle Mapを頼りに本編を読みました。そして、広島に行きたくなりましたよね。

 一年目 春ということで、まだまだ始まったばかりの彼らの今後三年間?を是非とも描ききって欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。