スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶深海のソラリス

絶深海のソラリス (MF文庫J)絶深海のソラリス (MF文庫J)
(2014/03/22)
著:らきるち
イラスト:あさぎり
商品詳細を見る


総合評価:A´
キャラクター:B
世界観:A´
構成:A´
文体:B



 深海をテーマにした本格的パニックノベル! 

 “水使い”それは22世紀の人類が生み出した“深海踏破の異能”―。山城ミナトは水使いの訓練生を指導する教官として、母校であるアカデミーに帰ってきた。そんな彼の教え子は二人。落ちこぼれでもマイペースな幼馴染の星野ナツカと、性格に難はあるが水使いとして至宝の才能を生まれ持つクロエ=ナイトレイ。時には反発を見せながらも前に進もうとする彼女たちを見て、ミナトは教官であることに楽しみを感じ始めていた。しかし、深海に沈む都市に“S.O.S”が鳴り響いた時―平和だったミナトの日常は終わりを告げる。“深海”ד絶望”戦慄の本格パニックノベルが登場。―この“結末”を、僕達はまだ、知らない。

 今年度私が読んだ中では、もっとも面白い作品でした。非常にオススメです。
 深海をテーマにしたライトノベル作品は初なのではないでしょうか? その点は非常に目新しいものでしたね。
 正直、読む前はイマイチ乗り気ではなかったのですが、50ページから引き込まれ、150ページから止まらなくなり、最後にはこの結末から目を逸らすことが出来なくなっていました。
 150ページまでは学園ラブコメをしっかり展開してくれています。その間に、ヒロインの二人について読者の好感度が上がり、心がウキウキしてきます。が、そこからはきっちりパニックノベルとして深海の施設を脱出すべく絶望が始まります。その構成が「憎い!」と思いましたね。キャラクターたちにここまで感情移入させておいて、と。

 キャラクターは、メインヒロインの二人がとにかく可愛いですね。属性は幼なじみとツンデレながら。個人的には、テンプレツンデレのクロエちゃんが大好きでした。幼なじみのナツカは何故か花澤ボイスで私の脳内再生されていました。アイシュワリン先生も好きですね。ただ、登場が遅いミシェルのキャラがイマイチ把握できなかったのが残念でした。あと、主人公たちが遭遇する敵キャラクターたち(アンダー)も様々な能力を与えられていて魅力的ですね。
 読み進めていく上で、主人公の性格が普通なのが感情移入しやすい点だと考えます。頭が良いという設定ですが、嫌みったらしくなく、慌てる時には慌てる。スケベ心を持ち合わせている。また、主人公の水使いとしての能力がよく出来た脳内演算なので、そこまで優れているわけではない(特に戦力的な意味で)というのもこの要因の一つだと思いますね。

 展開自体は、「プレデター」や「エイリアン」、「バイオハザード」などのように王道です。なので、そこまで目新しいことは展開されていませんかねぇ。情け容赦なく「絶望」の嵐が吹き荒れます。ライトノベルながら、その点はライトではなかったですね。それを了解しているのならば、存分に絶望してもらえるかと思います。最後はやはり心にくるものがありました。

 で、作品内に様々な伏線が張られているわけですが、続刊はいつでしょうかね! ここは期待させてもらいます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。