スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんせん部!

おんせん部! (このライトノベルがすごい! 文庫)おんせん部! (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2013/06/10)
著:河里 一伸
イラスト:しまちよ
商品詳細を見る



総合評価:B´
キャラクター:C
構成:B´
世界観:B
文体:B´
内容:B´



 女湯は男のロマン!

 「一緒におんせん部に入ろう!」幼馴染の少女・原田由香から、おんせん部に誘われた主人公・高宮健吾。中学の頃に野球で痛めた腰を湯治により癒したことのある健吾は、入部を快諾する。しかし、おんせん部は女湯への到達を目指す男子と、それを阻止する女子による競技「温戦」に青春を燃やす部活動だった!?

 コンセプトが面白い作品でしたね。多くの作品(バカテスやフルメタなどなど)では、温泉及び合宿回が回ってくれば男子側が命がけの覗きを行うというのがお決まりとなっています(または、入ったら実は女湯or男湯パターン)。それをピックアップして、温泉地を舞台に女湯覗き権をかけた合法的な競技――温戦――を行うというものですね。
 今回は主人公たちが高崎市にいることから、伊香保温泉・鬼怒川温泉・老神温泉の北関東の三箇所を舞台としています。さらに、実際の地名などを出来る限り採用しているため、主人公たちがどこら辺で戦っているのか、行ったことがある人ならばイメージできるまでしっかり書き込まれているのも特徴ですね。
 温泉地でのバトル「温戦」も設定が練られてあって良かったです。合法的に覗きが出来るとなれば。男としては行かねばなるまい(まぁ、「自然な姿の女子たちを見たいんじゃい」という意見もあろうかとは思いますが)。

 ただ、一方でキャラクター性が弱いとは感じましたね。設定に紙幅を取られてしまっていて、キャラクターの個別エピソードを掘り下げるまで至らなかったかな、という印象です。勿論、ヒロインたちは金髪巨乳お嬢様に、メガネ気弱系実は美少女、クール分析系巨乳女子、幼馴染、スポーツ系女子など隙なく配置されていますし、男子サイドも負けてはいないんですが、キャラクター数が多めなのでその分食われてしまいましたかね。あと、個人的には「いいぞ、もっとやれ!」という感じです。

 あと、意外だったのは河里先生といえばフランス書院で活躍されている方だったので、もっとエロスに這いよっているのかなと思っていたのですが、バトルのほうに比重が置かれていました。なので、お色気シーンは少ないですね。キャラクター及び温戦は今後の展開次第ですかね。あとは、今まで書かれている方なので、安定して読めますね(しかし、『ベン・トー』を想像したのは私だけではないと思います)。

 今後の展開を期待します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。