スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘城ブリリアントパーク1

甘城ブリリアントパーク1 (角川ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク1 (角川ファンタジア文庫)
(2013/02/20)
著:賀東 招二
イラスト:なかじまゆか
商品詳細を見る



総合評価:B
キャラクター:B
構成:B
世界観:B
文体:A´
内容:B´


 賀東式遊園地の経営の仕方!

 謎の美少女転校生・千斗いすずからマスケット銃での脅迫付きの遊園地デートの誘いを受けた可児江西也。わけもわからないまま連れて行かれると、ラティファという“本物の"お姫様に引き合わされ、その遊園地の支配人になることに――!?

 一巻ということもあり、甘城ブリリアントパークのダメっぷりとキャラクターたちの概要を紹介という感じでしたね。特に、主人公の西也が支配人を受けて、二週間でとりあえず入場者数を確保するという時間制限付きだったので。でも、地方の遊園地だと盛り上がりに欠ける遊園地ってありますよねぇ。

 キャラクターは、人間及び人間寄りの人たちはとりあえず普通ですかね。いすずのキャラクターは結構好きですけどね。巨乳だし、マスケット銃だし。
 一方で、完全濃いなぁというのがボン太君モッフル・マカロン・ティラミーなどの妖精たち。完全に思考がおっさんである。結構、下ネタトークが飛び交うので、かなりギャップを感じますね(それを面白いと取るかどうかでこの作品の好き嫌いが分かれると思われます)。でも、普段は遊園地のマスコットキャラクターたちが裏では……という発想は面白いですよね。そこはさすがです。

 文体では、テンポ良く読みやすいです。所々に軍事用語や例えが挟まるのは賀東さんらしいですね(笑)

 内容としては、まずはタイムリミットありで入場者を増やして存続を目指すというものですが、妥当な形ですよね。しかし、最後の解決方法が個人的にはイマイチ納得がいっていないのですけれどね。まぁ、今後の展開次第ですかね。設備の改修なんかは資金的には厳しそうですが。主人公が得た魔法は地味に今後の成否を分けそうです。
 あと、今の段階では学園要素がほとんど関係ないので、どのように関わってくるのかも注目ですかね。

 コンセプトが面白いですし、フルメタの短編シリーズを彷彿とさせる感じが良いですね。今後の展開待ちです。ところで、ラブコメではなさそうだぁねぇ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。