スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖少女3

楽聖少女3 (電撃文庫)楽聖少女3 (電撃文庫)
(2013/02/09)
著:杉井光
イラスト:岸田メル
商品詳細を見る



総合評価:A´


 怒涛の展開の3巻。

 初オペラの公演失敗で落ち込んでいたルゥのもとに届いたのは、プロイセン王国での再演依頼だった。喜び勇んで楽譜の書き直しを進める彼女の身に、やがておそるべき異変が襲いかかる。…耳が聞こえなくなり始めたのだ。原因を探るうちに僕が見つけたのは、ベートーヴェンの隠された過去と、さらなる謎。不安を抱えたまま僕らはプロイセンに向かうことになるが、折しもナポレオンもまたプロイセンに進軍を開始。歴史に翻弄される僕らの運命は、再び戦場で激しく交錯する……

 ハイドン兄弟が中心となった回でしたね。ミヒャエルさん、ギャグキャラかと思ったら、がっつりとやってくれましたし、ウェーバーとの師弟愛が見れて非常に良かったです。しかし、本当に歴史上の音楽家たちを大胆にアレンジしているなぁ、この作品。でも、どの登場人物もやっぱり魅力的なのですよ。
同時に、ルゥが本来のルートヴィヒと同じように聴力を失っていくという緊迫感と、ユキが今後の歴史にベートーベンの傑作の音楽が生まれなくなる可能性に葛藤する様が描かれていますね。ベートーベンの傑作は聴力を失ってからですし、音楽を愛するユキとしては苦悩するでしょう。あの指揮者のおじいちゃんは丸くなったもんだなぁ。

 また、今回はユキやルドヴィカが「ゲーテ」として「ベートーベン」として呼ばれた意味を深く掘り下げた形でした。その中で1巻から張られていた伏線が見事に回収されましたね。アレ、ギャグじゃなかったんやなぁ。思わず、涙腺緩んでしまいましたよ。「俺があの曲を永劫ひとりじめするのだ」とか滅茶苦茶カッコいいじゃないですか!

 また、ナポレオン包囲網ではどえらいものが登場してきましたね。前回いいとこなしだったロシア軍側も何か動き始めたようですし、今後も目を離せません。でも、今回で重要なテーマが解決したので、後2巻ぐらいで完結しそうな雰囲気もありますね。オススメです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。