スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノノメメ、ハートブレイク

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)
(2013/05/17)
著:近村 英一
イラスト:竜徹
商品詳細を見る



総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:C´
文体:B´
内容:C



 第7回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。
 神々によって女の子にフられ続ける運命を背負わされた少年・東雲茅吹。誰にどんなに恋焦がれようとも、彼の恋は決して成就することはないのだが―。「そんな運命、否定してやる!」と、天の国の少女・天王洲君を巻き込んで、彼は今日も元気に一目惚れ!廃部寸前の弱小野球部のマネージャー、近づく人間に不幸を降りかからせる女の子、漫才師を目指すもわけあって相方のなり手がいない先輩。惚れた少女たちのために一肌脱いで、突っ走って、傷ついて…、それでも彼は恋をする。

 物語自体は別に悪くないのですが、圧倒的に設定の説明不足感を感じました。

 バカで不幸体質の「破壊王」の東雲芽吹ことノノメメさんとヒラの神様の相方の天王洲。良いコンビだと思います。彼らが解決屋として、女の子三人の問題を解決していくわけですが、それもイマイチ解決していない感もありますが、まぁ良いでしょう。とにかく、女の子に好かれようとひたすら突っ走る東雲の行動原理は単純なので、特に突っかかるところもなく読めますね。天王洲も中々萌えポイント高いですから。ヒロイン三名は良いでしょう。恵比寿会長も定番なキャラですから(個人的には副会長が気になりますが)。

 ただ、設定や裏事情をもっと話しかったのですよねぇ。不幸を感じることによって出る金色の霞のこと全般や東雲と天王洲との出会い。特に、問題を抱えたヒロイン三名の裏事情が「色々あるんだよね」で済まされているのが納得いかないんですよ。現実は本当に色々事情があって喋れないことって結構あるとは思うんですが、これは物語なわけですから、もっと突っ込んで欲しかった。感情移入がしにくいですよ。とにかく、それが本当に残念です。
 
文体は、東雲と天王洲とのボケとツッコミが安定して、読みやすく良いと思います。

 読後感は非常にサッパリしていて、気持ちが良いです。今後に期待ですかね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。