スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ アンコール

デート・ア・ライブ アンコール (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ アンコール (富士見ファンタジア文庫)
(2013/05/18)
著:橘 公司
イラスト:つなこ
商品詳細を見る



総合評価:B´
1巻参照



 今まで登場したヒロインたちの短編集。

 好感度を上げるためゲームセンター、夏祭り、誕生日会、講買パン争奪戦で高校生、五河士道が精霊たちとデート!?

 内容はいつも通りといえば、いつも通りですが、基本的に気軽に読める楽しい話でしたね。ドラマガで掲載されていた5編に書き下ろし1編で、美九を除くヒロインたちの日常が描かれていました。それでは、短編ごとの感想を。

 「十香ゲームセンター」は、十香とゲームセンターデート。うん、『デート・ア・ライブ』の基本さと十香の純真さが表現されていた短編かと。つまり、いつも通り。
 「折紙インポッシブル」は、折紙の好感度を下げるためにデートするという、橘公司先生らしさが詰まっている短編だと思いましたね。折紙さん、ある意味最強っすなぁ。だが、そこが良い!
 「四糸乃ファイアワークス」は、四糸乃と花火大会でデートを。担当さん、恐ろしい人!
 「琴里バースデー」は、白琴里が見れるよ、という感じですか。どうしても司令官モードのほうが印象的ですからね。
 「八舞ランチタイム」は、前作『蒼穹のカルマ』を彷彿とさせ、短編オリジナルキャラの四天王が登場し、購買戦争を勝ち抜くお話。くだらなさが良いですねぇ。
 「狂三スターフェスティバル」は、狂三と七夕デート。狂三は、登場する度に魅力的になっていくから困りますね。この短編が書き下ろしで、唯一後味が切ないですね。この短編集の中では、個人的には一番好きなお話です。今後、狂三がどのように本編でデレていくのか、注目です。

 デレたヒロインたちの魅力が再びサクッと読める短編集ですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。