スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者6

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者6 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者6 (講談社ラノベ文庫)
(2013/05/02)
著:榊 一郎
イラスト:ゆーげん
商品詳細を見る



総合評価:A´
1巻参照



 ついに慎一にライバル登場!

 謎の『穴』で日本とつながってしまったファンタジー世界の『神聖エルダント帝国』。そこにオタク文化を浸透させようと創設された交易会社〈アミュテック〉に新たなメンバー・ヒカルが加わる。ヒカルは総支配人・加納慎一の補佐という立場だが、容姿端麗、コミュニケーション能力ばつぐんで、あっと言う間に宮廷でも学校でも人気者になってしまう。ヒカルの手によってもたらされた、新たなオタグッズでエルダントのオタク化はさらに加熱するが、同時に負の側面までもが出てきてしまう……

 定番のライバルキャラ登場。しかも、男の娘ですよ、奥様!今巻で十分活躍してくれましたが、今後慎一との関わりで更なる活躍が見込めそうなキャラクターですねぇ。いやぁ、美味しい。そして、ミュッセルさんは本当天使。
 日本政府が再び暗躍してきたのが面白いですね。しかも、構成的に1巻を彷彿とさせているのが憎い演出ですよ。的場さんは相変わらず食えない人ですし。
 今回のテーマは、「文化と商業の境目はどこにあるのか」「オタクとして、人としてのマナーについて」ですかね。その例として、作品内ではトレーディングカードとエロゲーが挙げられていますね。元ネタはソーシャルゲームなどから総合的に着想を得ている感じですね。槍玉にあげられやすいものだからこそ、オタクはその辺りを考えなければならないですから。また、文化として見るか、商業主義のカタマリとして見るか、も大事なことですからね。一人ひとりが考えなければなりませんよね。でも、コレクション性が高いものはついついやり込んでしまいますよねぇ。

 作品の最後では無難に落としていますね。まぁ、このような形にするのが妥当だとは思いますが、ちょっと甘いかなという気もしますね。でも、そこはファンタジーのエルダント帝国ですからね。私も一度は某少佐等の演説はしてみたいですねw イエスロリータ! ノータッチ!

 アニメ化がどのように展開されるかを含めて、今後の展開が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。