スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者5 (講談社ラノベ文庫)
(2012/11/30)
著:榊 一郎
イラスト:ゆーげん
商品詳細を見る



総合評価:A´
1巻参照



 バハイラム王国、登場!

 ファンタジー世界にオタク文化を浸透させようと創設された交易会社『アミュテック』の総支配人の加納慎一がなんと誘拐された! 企てたのはエルダントの敵国バハイラム。しかし、様々な政治的な思惑から誰も助けに行かれない? こんなったらと、慎一付きのメイド少女ミュセルが独力での『旦那様』奪還を決意。ミュセルを中心にした数人の志願者で救助は成るのか? また、バハイラム帝国の意外な誘拐の動機とは?

 いつも通りの慎一視点に加えて今回は何とミュッセル視点でも物語が語られるという仕様。もうミュッセルさん最強じゃないですか! 今巻はエルビアがメインの回なのですが……。
 勿論、エルビアにとって重要な回でしたが、ちょっと陰に隠れてしまった感が。ペトラルカは皇帝という立場上、アピールポイントが少なかったですし。お姉ちゃんであるアマテナがまさにお姉ちゃんキャラでしたし、ロリっ子百合獣耳メイドのクラーラが出てきてしまってはねぇ……。しかし、エルフのロイクとドワーフのロミルダは今後も活躍して欲しいですね。徐々にキャラを確立させているので。

 何かテーマが今回結構危ないぞ! ついに登場したバハイラム王国が某北の国等の独裁国家や某宗教団体などが浮かんできましたよ。そんな要素に獣っ子王国であるというファンタジー設定を入れ込んで、上手くやっているとは思いました。
 しかし、「文化の形態とは何か」「何が良いもので、悪いものなのか」というのは時代や地域などで変わってくるものですから、最適解というものは存在しないんですよね。私たちが享受している資本主義だって、もう限界が来ていますが、今はそれに代わるものがないからですからね。でも、それを非常に上手く取り扱っていると思いました。シリアス寄りになりすぎず、コメディに寄り過ぎず。

 でも、ライトノベルなので、ライトノベルらしく特撮回もといバトルまでやっちゃっていますからねぇ。《フェイドラ》とか、オタクにとってはロマンのカタマリでしょう! カバー裏に設定まで載っけられて豪華ですし。あと、ゆーげんさんのミュッセルが銃を構えているイラスト、完全にマミさんですよねw

 色々とキャラクターといい、内容といい、濃密な巻でしたね。また、作者のこだわりが見えた回でもありました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。