スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者2

アウトブレイク・カンパニー~萌える侵略者2 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー~萌える侵略者2 (講談社ラノベ文庫)
(2011/12/28)
著:榊 一郎
イラスト:ゆーげん
商品詳細を見る



総合評価:A´
1巻参照



 我は侵略者か否か。

 異世界の神聖エルダント帝国に、『萌え』を売り込む事になった、ただのオタク少年加納慎一。しかし、事態は彼や日本政府の思惑を遥かに超えて過剰に進行。乾いた土地に水が染み込むように、オタク文化はエルダント帝国に根付いていってしまう。テロ事件での非難から日本政府の意図に気づいた慎一は、これは侵略か? 自分は侵略者なのか、と悩むが、献身的なハーフエルフ・メイド少女ミュセル等の助言で、自らの取る道を模索していく。だが、事態を憂慮した日本側に不穏な動きが……

 学校が出来たり、オタク文化が急速に浸透したり、スパイな萌え絵師の褐色獣っ娘のエルビア登場などでしたねぇ。しかし、何も知らない子たちにオタク文化を薦めたらド嵌まりしますよ。私がまさにそうでしたから。エルビアは今回登場しただけという感じでしたね。また、ペトラルカは前回のテロ騒動で行動が制限されちゃったので、ますますミュッセル無双という感じがしますね。本当に、ミュッセルさん可愛い!
 ところで、慎一の妹の紫月は出たりしませんかねぇ(まぁ、無理そうですが)。

 今巻のテーマは、「文化侵略とは何か」と言う感じですね。まさに、世界史の15・16世紀のキリスト教の布教や戦時中の日本の教化政策などを上手く入れ込んだ形で、やはり読ませてくれます。言語や思想、文化を浸透させることは知らず知らずのうちに事実上の侵略をしているのと同じですからね。ロシアのエカチェリーナ2世みたいな例も思い浮かびましたが。2巻はまさに1巻の後編といった感じでした。
 中盤は少しダレたかなぁ、という気がしないでもないですが、展開はしっかりしています。あと、日本政府の対応が何とも上手く風刺している感じはありますね。的場さんは本当に食えない人だよ。

 本当に、テーマがしっかりしていて面白いです。
 
 アニメはここまで、のような気がしますねぇ~
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。