スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
著:東川 篤哉
イラスト:中村佑介
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:B´
構成:B
世界観:B´
文体:B
内容:B´

 お嬢様と毒舌執事による言葉のやり取りが楽しいミステリーである。
 キャラクターは、令嬢刑事と毒舌執事、お坊ちゃま警部が個性的なレギュラーキャラとなっている。宝生刑事は単なるお嬢様は嫌だと公務員になった人。そのためか刑事的素質がイマイチないが、庶民感覚は意外とある模様。その執事である影山は正体不明でお嬢様に暴言を吐きまくる愉快なキャラ。でも、場はわきまえているようで素直にお嬢様の言うことには推理の時以外はきちんと従っているのが良い。かなり頭の回転は速いようで想像だけで事件を解決してしまう安楽椅子探偵型である。そんな二人の言葉の応酬が楽しい。出来れば、もっとやってほしかった。風祭警部は成金お坊ちゃまで空気読めない子。セクハラ発言は光っているね。他のキャラはわりと普通。でも、お金持ちキャラや素っ気無いか冷たい人が多いような気がするなぁ。そこがもう少し変化欲しかったと思う。
 構成は、短編6編で構成されている。短編内でも、事件発生、靴・ワイン・薔薇・密室・身長・トロフィーに関する謎が提示、証言及びヒント、推理、解決でテンポよく構成されていて、大変読みやすい。かつ証言及びヒントのところで読者が読み込めば推理可能になっており、きちんと区切られているため、推理するのにも親切であるといえる。あとは、読者の知識次第というのもあるが。
 世界観は、基本的に国立市を中心に展開されているが、とりわけお金持ちが中心になっている。それに加え、犯人は身内というのが多いのは少し難点だといえるかもしれない。それと宝生刑事の超高級スーツをマルイの特価品と間違えるって、周りの男どもはとことん見る目がないな。
 文体は、良いと思う。掛け合いの箇所は会話が軽快になるので特に良い。また、推理もしやすい(それを使ったトリックがあるのもこれまた憎い)。
 内容は、ミステリーとしてはイージー~ノーマル程度で最近凝ったものを読むことが多かったので良かったのではないかと思う。そこが現在のヒットの一因になっているのではないかとも考える。それとお嬢様と執事の愉快痛快な掛け合いもだろうけれど。変に知識を要求せず、基本的に物語に隠されたものを読み解けば読者もちゃんと解けるというのはやはりいい。ただ、目新しさや斬新さがないという点と近親憎悪が多すぎるという点が残念といえば、残念かもしれない。まぁ、別段悪いわけではなく、そういうことも多いだろうから。
 楽しく推理ができるので、コメディ要素をもう少し入れて、シリーズ化してほしいものである。期待してみる。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉

「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦。ユーモアたっぷりの本格ミステリ。 執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!ミステリ界に新...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

Re: No title

トラックバックさせていただきました。
拙いですが、よろしくお願いします。
プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。