スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない⑤

僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)
(2010/11/20)
著:平坂 読
イラスト:ブリキ
商品詳細を見る


総合評価:B

 今回もやってくれました。
 隣人部のメンバーでの遊園地に、あらすじにあるような1巻への原点回帰となる2学期の開始の話だった。
 遊園地の前半は、非常に残念な隣人部部員たちが暴れまわる。楽しいなぁ。しかし、完全な小鷹ハーレムじゃねえか(笑)。星奈が小鳩を妹にしようとする姿は非常に残念で、小鳩がそれを拒否するのは可愛いなぁ。これは肉の残念さがよく現れていて好きだな。ジェットコースターのブラックドラゴンの特殊構成は平坂先生なりの新しい試みかな(個人的にはハルヒを思い出させるのだが)。ゲロの話も原点を思い起こさせるし、平坂読先生ならではだよな、こんなこと普通できねぇもん。そして、遊園地の後半。驚愕の(?)真実発覚! 幸村はやっぱり女の子でした。うん、確かに急に可愛くみてくるから不思議だ。それが明らかになる部分って多分、GA文庫の本田透著『ボクの紫苑』のネタじゃないですかね? 夜空がその次の幸村の執事服の話(『まよチキ!』のネタあり)を含めて、残念すぎる。で、マリアは可愛い、と。2学期編はまさに原点回帰で、初期メンバーに今のメンバーが加わったらという感じだな。乙女ゲーの話はギャルゲーを想起させ、夜空の残念さとここで正ヒロインの可愛さを出したと言えよう。しかし、次のタイムマシンの話と合わせて、理科の扱いが超ぞんざいすぎる。でも、個人的には理科は金髪とかに染めるんじゃなくて、今回の表紙を飾っているような感じのほうが好きだな。巻末では、ついに小鷹と夜空の過去が皆に暴露。どうなるやらって気がしないのは、前回の引きで星奈と夜空の全面戦争が幕を開けるのかと思いきや、冒頭であっさり流されたからだろうな。でも、それがすごくはがないらしくて、良いだよな。
 非常に安定した面白さを提供してくれているので、これからも頑張ってほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。