スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C3 -シーキューブ-Ⅹ

C3‐シーキューブ〈10〉 (電撃文庫)C3‐シーキューブ〈10〉 (電撃文庫)
(2010/09/10)
著:水瀬 葉月
イラスト:さそりがため
商品詳細を見る


総合評価:C


 バレンタイン編となり、ついに大台に乗ったこのシリーズ。しかし、もう少し勢いが欲しいところ。
 今回はいいんちょさんに焦点が当たった構成となった。日村が復職してきて、さらに一巻の敵キャラマミーメーカーが登場。おまけで、短編集のキャラも。構成としては若干間延びしている感もあるが、まぁいつも通り。今までの伏線も回収が行なわれているので、そこら辺は良い。このはの嘘もついに解き明かされたので。ただ、あまりにもいつも通りなので、飽き気味であるのもまた事実である。何かデッカくやってほしいものだ。禍具の名前や忌能なんかはよく考えられているものだと毎回感心する。
 内容としては、妄想が全員エロいなといいんちょさんが「可愛い!」ということ以外は特にいらない気もする。が、いいんちょさんの恋への覚悟は体育祭のキスの段階で決意したと思うんだがねぇ。それに錐霞のマンションって研究室長王国を抜けたからボロアパートになっているんじゃなかったっけ? あと、日村がなぜ錐霞を追い求めるかという狂気について、もう少し心情描写入れたほうが良いと思うんだよな。イマイチ、納得ができないわ。錐霞もだんだん嫌いになっていったのはわかるけど、フォローぐらいしてほしかったな。あとはフィアの気持ちも何か好き未満までランクダウンしているような。そこら辺がどうも違和感が拭えないな。
 次はおそらく新学年編。是非新しい展開とそれぞれが一歩前進するようなエピソードがあってほしいものだ。このシリーズは学校の描写が少なすぎるからなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。