スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生?

フルメタル・パニック!  マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)
(2011/08/20)
著:賀東 招二
イラスト:四季童子
商品詳細を見る


総合評価:A´
1巻参照

 これぞ、我らのフルメタって感じでした。

 短編と書き下ろしの中編の5編で構成されていた。

 「与太者のルール(前・後編)」は、非常にフルメタの短編らしいお話でした。サバイバル・ゲーム同好会設立を巡り、サバゲー対決をすることに。かなめと宗介の絆の深さが現れているかなぁ、と思いました。あと、林水閣下は本当に久しぶりの登場でした。

 「ご近所のサーベイヤー」は、清掃員のおばさんと空き巣事件を巡るお話で、最後にはほっこりとさせてもらいました。若菜さんも短編ならではで、久しぶりでしたね。しかし、本文や103ページの四季さんのイラストを見ていると、かなめと宗介は仲がよろしいな、と。確かにこれは本編完結後のその後なんか、非常にイチャイチャしてそうです。

 「つぶらなテルモピュライ」は、ボン太くんへの愛で溢れていましたね。いいですよね、ボン太くん。設定がどこぞの世紀末だったり、映画『300』のパロディだったりしますが、ドタバタとした短編で良かったと思います。ふもっふ。

 「テッサのお墓参り」は、本編後のお話でテッサがバニ・モラウタのお墓参りする完結したからこそ語れるっものだと思いました。ノリとしては、サイドアームズという感じです。アナザーへの伏線と思われる箇所がいくつか見られましたね。ロニーなんかはアナザーで顔を出しそうです。それにしても、アルは相変わらずのようで。
 
 短編としては6年ぶりということでしたが、すんなりと読めて面白かったですね。フルメタの短編シリーズはこうでなくては、と。本当に良いシリーズでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。