スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣9.5

バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)
(2011/06/30)
著:井上 堅二
イラスト:葉賀ユイ
商品詳細を見る


総合評価:B´

 短編集も第4弾。いよいよエンディングが見えてきましたね。
 短編4編(といつものコラム)によって構成。
「僕と子供と召喚獣」は、以前の本音を言う召喚獣に続き、今回は召喚者二人の子供を想定した召喚獣。存分に笑わせてもらいました。特に普段、硬派な雄二と高橋先生の態度には。
「僕と姫路さんとある日の昼下がり」は、姫路さんが吉井家にお泊りした時のエピソード。ある意味、平和なお話でした。主人公がパンツを被っていますが(笑)
「僕と土屋家と揺れない心」は、大晦日に放送されているとある番組のバカテス版でした。積み重ねてきたゆえの面白さが展開されてました。明久と雄二は本当に煮たもの同士というのがよく伝わってきますよ。土屋家の兄妹が少しだけ登場していますが、普通そうに描かれています。これは個人的な深読みですが、「ムッツリーニ」という存在を生んだ家庭が普通なわけがない、と。まぁ、真相は作者の中か今後次第ですね。
「俺と喧嘩と不思議なバカども」は、過去話で雄二視点から描かれた出会いの物語ですね。こういう雰囲気は好きです。バカテスらしい笑いが詰まった清清しい後味の話でした。
あとがきは、今回はいつもに比べると大人しめだった印象。
安定したお話でさらりと読ませてもらいました。短編集ゆえにいつもの激しさがなかったのは少々残念でしたが。アニメ二期、頑張ってほしいところです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。