スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る星降るレネシクル4

踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)
(2011/04/16)
著:裕時 悠示
イラスト:たかやKi
商品詳細を見る


総合評価:B
1巻参照


 とにかく熱い、面白い。

 香山円離による現星柱・千陽院みら追放の「星ノ令」をめぐって教団内が大混乱している中、ミカホシでは市全体をあげての大祭たる「極星祭」が開催されようとしていた。レンヤのクラスでは『ひとりぼっちのカカセオ』を別視点から描いた演劇『ベツノカの悲恋』をやることに決定したのだった。レンヤをめぐった恋のバトルが加速する中、裏ではそれぞれの思惑が動いていた。

 最初、更級もうふのお家訪問からお祭りにおけるレンヤを巡ったラブコメといつも通りに物語が開幕したのですが、後半は今までの伏線やミカホシについての秘密が一気に公開されたり、怒涛のバトルラッシュが始まったりと展開から目が離せませんでした。今回も新キャラがかなり出てきましたね。乾の妹で今回のキーパーソンで撫子に見えた乾乾やもうふの母親、なななの父親など。また、ランキングで名前が出ていた人たち――轟轟轟や深遠橙、荒木業児など――も今巻でほぼ登場しました。なので、単純に登場人物だけで言えば、40人くらいいると思います。
 このシリーズがすごいのは、キャラクター全員に出番及び役割がちゃんとあるということだと思います。登場の仕方がキャラのネーミングと同じく西尾維新の『戯言』シリーズ(の特に後半)な感じがします。しかし、キャラクターたちが色々と動いた今回、ヒロインたちが少し影が薄かったように思えます。すまるのほっぺた成分が少ない。まぁ、いつも通りな感じでどこかおかしなラブコメしているのですが。なので、正統派ツンデレのなななの噛ませ犬っぷりが何か哀しい。

 展開は一直線に駆け抜けていき、とにかく熱いです。ミカホシを巡る秘密が明かされていくのとともに、革新を狙う結城優率いる三星会派、現状維持の舞波重蔵や千陽院みらたち、思惑が知れない千陽院狼輝と莫迦奈がそれぞれに暗躍し、レンヤたちは否応なく巻き込まれていく。さらに、乾闇鳴の秘密も絡んでくると。設定がしっかりしているので、安心して読めますね。宗教という扱いにくい分野ながら、上手く展開させていると思っています。
 オタクネタもあとがきともども健在ですし。たかやKiさんのイラストの素晴らしいです。

 最後の展開が非常に気になります。次回で完結するのでは、という感じのクライマックスっぷりです。個人的に目がまったく離せません。
 しかし、最初は誰と思っていた表紙がまさかそれ自体が伏線だったとは思ってもみませんでした。次が本当に楽しみです。その前に「俺修羅2」が6月に刊行されますが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。