スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 (電撃文庫)明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 (電撃文庫)
(2013/02/09)
著:藤まる
イラスト:H2SO4
商品詳細を見る


総合評価:B
キャラクター:B
構成:B
世界観:B´
文体:B´
内容:B



 第19回電撃小説大賞金賞受賞作。

 生まれつきの恐い顔のせいで、学校で浮きまくっている坂本秋月。彼はある夜、一人の少女夢前光の事故現場に遭遇し、救ったはずであったが、体は1日おきに光の人格に乗っ取られるというおかしな展開に……

 面白かったですね。個人的にはこういうヒロインに乗っ取られ系は好きです。秀逸だと思った点は、メインヒロインである夢前光の本当の心の中が一切書かれなかったことですね。1日おきに体が入れ替わるので、意識も交替するのかと思いきや、1日おきの秋月視点のみなんですよね。だから、交換日誌という主観を通してでしか「夢前光」の存在を認識できない。それが後の伏線にも繋がっているのも良かったです。

 キャラクターもどこか全員一癖持っていましたしね。妹はやっぱり鉄板ですよねぇ。霞ちゃん、良いなぁ。もう少し早めに覚醒してくれれば、なおの事良かった! 構成的には、オチで「あるある……ってねぇよ!」と落としておいて、真のオチを持ってきていた点は卑怯でしたよねぇ。爽やかに〆やがって。
 ただ、最後への持っていき方が少し強引、かつ説得力が弱いかな、という気がしましたかね。でも、こういう感じも現代らしくて良いかな、とは思いますね。あとは、イラストが効果的に決まってますねぇ。
 
 波長が合う人は面白いと思う作品だと思いました。ところで、続くんですかねぇ、これ。
スポンサーサイト

劇場版とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟

[映画パンフレット」 劇場版 とある魔術の禁書目録(インデックス)-エンデュミオンの奇蹟- 監督 錦織博 声 阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、伊藤静、谷山紀章、能登麻美子、勝杏里、こやまきみこ、新井里美、豊崎愛生[映画パンフレット」 劇場版 とある魔術の禁書目録(インデックス)-エンデュミオンの奇蹟- 監督 錦織博 声 阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、伊藤静、谷山紀章、能登麻美子、勝杏里、こやまきみこ、新井里美、豊崎愛生



商品詳細を見る


 非常に『とある魔術の禁書目録』らしい作品になっていたと思います。さすがアスキー・メディアワークス20周年記念作品だけありますね。

 笑いあり、涙あり、バトルあり、歌ありと豪華でしたね。映像的にも迫力がありましたねぇ。でも、いつもの禁書らしさもきちんとあり、安心させられます。メインキャスト全員集合といった感じで、基本的に全員に見せ場もありましたしね。特に、神裂さんパネェっす。さすが聖人。宇宙エレベーターといえば、ということで定番ネタも仕込んできましたし。しかし、三澤さんがあそこまで歌うとは予想外でしたねぇ。あと、時系列がはっきりしているというのも珍しいと思いました。

 もう一回観にいってもいいかな、というレベルでした。面白かったです。

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)
(2013/01/30)
著:津田夕也
イラスト:鵜飼沙樹
商品詳細を見る



総合評価:B
キャラクター:B´
構成:B
世界観:B
文体:B´
内容:B



 面白い。そして、まんまと騙された。

 第14回えんため大賞特別賞受賞作。神園祐希は、チュートリアルと名乗る少女に未来のゲーム〈デイドリーム・ストラグル〉に誘われる。そこで、部活仲間の綴とセンパイとともに、来年起こるという第三次世界大戦の回避を叶えるべくゲームに身を投じる。

 〈デイドリーム・ストラグル〉の世界観がきちんとしており、かつそこで出てくる武器の設定が豊かに取り揃えられているのが魅力でしょう。ゲーム内容としても、殺し合いながら本当に死ぬわけでもないという適度な緩さも特徴ですね。
 キャラクターも全員が変人でどこか捻くれている。綴とセンパイのキャラクター性、私は好きですよ。メイン三人はもう少し掘り下げてほしかった気もしますが、まぁ続きますしね。チュートリアルはヒロインというより完全にマスコットですね、これ。
 しかし、見事に騙されましたよ。そういう意味で、しっかり伏線は張られていましたからね。ただ、最初の頃がイマイチ何をやりたいのかわからず、導入力に少々欠けるとは思いましたね。個人的には大賞の『四百二十連敗ガール』より面白かったです。

 個人的にはオススメです。逆転劇というのは分かっていても、やはり面白い。最後に登場した少女が次回以降の鍵を握ったりするんでしょうかね。今後が楽しみです。

ドラゴンチーズ・グラタン 竜のレシピと風環の王

ドラゴンチーズ・グラタン (このライトノベルがすごい! 文庫)ドラゴンチーズ・グラタン (このライトノベルがすごい! 文庫)
(2013/02/09)
著:英 アタル
イラスト:児玉酉
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:C
構成:B´
世界観:B
文体:C
内容:B´


 普通に面白かったです。

 ファンタジー×食事・医療でしっかりとした世界観が構築されていたのが一番良かったですね。ライトノベルでファンタジー×料理って結構珍しいと思いますし。単にエルフと記述しなかった点や風環の設定など。マンドラゴラやファンタジーならではの設定を作品内で解釈しているのは良かったです。もう少し、ファンタジーならではの食材を出してもよかったのではないかとは思いましたが。医療についても同じく。

 一方で、キャラクターの魅力不足感は否めなかったですね(前回の『星とハチミツと存在証明』も同様に思いましたが。編集長の隠し玉ですからね)。もう少し過去を掘り下げて、語って欲しかった。せっかくの設定が十分に活かしきれていないように感じました。併せて、文体も少し中途半端になっている感はありました。構成的にも、山場をはっきりさせたほうがより面白くなったのではないかと感じましたし。

 ただ、内容はしっかりしていて、最後には爽やかな気分にさせてくれます。戦闘描写もしっかりしていますし。あと、イラストのドラゴンの赤ちゃんが可愛いかったです。今後の成長に期待ですね。

アリス・リローデット ハロー、ミスター・マグナム

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)
(2013/02/09)
著:茜屋まつり
イラスト:蒲焼鰻
商品詳細を見る



総合評価:B
キャラクター:B´
構成:B´
世界観:B
文体:B´
内容:B


 第19回電撃小説大賞、大賞受賞作。

 いやぁ、しかしこんなことってあるんですねぇ。第3回電撃ゲーム小説大賞銀賞受賞者の雅彩人が時を経て、大賞を受賞とは。第3回は川上稔の金賞受賞作『パンツァーポリス1935』の印象が圧倒的なので。

 物語としては、ガンアクションということで銃であるミスター・マグナム視点で描かれているので面白く読めました。主人公のアリスがアホなのが親しみやすかったからだと思いますね。マグナムさん、中々おっさん臭くてよろし。一方で、他のキャラクターについては掘り下げられているエピソードが足りなかったと思いますね。敵役も然りでしたが。特に、とクラウン。クラウンは何か最後いきなりという感じがすごくしたので。個人的には、ロッキーを。あと、アゴンロジが個人的には信奈の五○衛門にしか思えなかったです。

 構成的には問題ないと思いますが、個人的には少し読みにくさを感じました。人物が唐突に登場したりしていたので(例えば、ホークアイ)。あとは、賛否両論あるでしょうが、ルビ付用語の多用ですかね。内容としては、復讐者にならなかったアリスが、仲間とともに打ち倒すというストーリーなので、良かったと思います。以前の世界との対比がされているからこそ、それが活きていると思いました。西部劇系は最近あまりなかったですしね。
 ところで、これは続くんですかね。せっかくなら、続いて欲しいですけど。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6.5

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)
(2013/02/16)
著:裕時 悠示
イラスト:るろお
商品詳細を見る


総合評価:B
1巻参照



 『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H』の小説版とカオル君ヒロイン回!

 『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H』については、漫画版で読んでいたので、展開的に知っていたので何ともコメントしにくいんですが、まぁいつもの俺修羅ですね。美晴ちゃんも何だかんだで良い感じのヒロインだと思いますけどね。あと、小説版になったことで、真涼と千和の気持ちが掘り下げられていたのは良かったです。真涼がもにょもにょするようになる経緯みたいなのが感じられました。

 そして、書き下ろしに「カオルのカオリ」。今まで親友ポジションにいた遊井カオルに少しだけスポットライトが当たった短編でした。俺の親友がこんなに可愛いのだから、男の子でも関係ないよねっ! いやぁ、ニヤニヤしっぱなしでしたよ、えぇ。二次元だからこそ、ですねぇ。あと、真奈は初登場の仕方が嘘のように良い子になっている。

 本編の続きも気になります。が、あとがきで発売延期していたあちらがついに!という感じなので、興奮してきました。

アクセル・ワールド13 水際の号火

アクセル・ワールド13 ―水際の号火― (電撃文庫)アクセル・ワールド13 ―水際の号火― (電撃文庫)
(2013/02/09)
著:川原礫
イラスト:HIMA
商品詳細を見る


総合評価:B


 完全にニコ回でした。ニコ可愛いよ、ニコ!

 まぁ、内容はすごく面白いんですが、本編がほとんど進んでいる感じがしないので、ちょっと評価ダウン。丁寧に伏線を張っているのはわかりますし、作中では数日間の出来事なので、仕方ないといえば仕方ないのですが。
学園祭で他のラノベらしい展開が見られましたねぇ。表紙も飾っていたこともあり、ニコが今回は完全にヒロインでした。アクア・カレントの復帰とかありましたが、結構あっさりでしたねぇ(10巻初登場なので、久しぶり感があんまりしなかったですし)。意外といえば、ここでハルユキがモテる理由が解説されようとは。あと、最後のイラストで笑ってしまったのは内緒です。

次回ようやく決着が着くようなので、期待してます(あとがきの感じを見ると……な感じはしますが)。
プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。