スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 小冊子付き限定版

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 小冊子付き限定版 (GA文庫)俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 小冊子付き限定版 (GA文庫)
(2011/09/16)
著:裕時 悠示
イラスト:るろお
商品詳細を見る


総合評価:B´
1巻参照

 愛衣ちゃん大勝利ぃぃぃぃぃぃっっ!
 突如現れた風紀委員・冬海愛衣によって「自演乙」の廃部が宣言された。「自演乙」が廃部になった直後の夏休み、鋭太は予備校の夏期講習で偶然、愛衣とカオルと出会う。彼らと過ごす「勉強の夏」が始まる……わけもなく、千和真涼ヒメたちが絡んだ「修羅場の夏」が始まるのであった。
 鬼の風紀委員の冬海愛衣が本格参戦してきました。本文を参照すると「活発系ツンデレ美少女」ですが、恋に恋する二面性ヒロインという感じですかね。外面はツンとすましてクール。しかし、内面ではデレデレのオロオロ。個人的には好みなキャラですね。内面がうっかり出てくるところなどが。はともあれ、これでヒロインがフォーシーズン、全員揃ったというところでしょう。
 千和と真涼は相変わらずですね。しかし、前回の事件によって、真涼はよりデレた感があります。キスとかデレデレじゃないですか、夏川さん。一方、ヒメは今回影が薄いです。通常版の表紙やカラー口絵を飾っているわりには、冒頭で飛ばしてくれたこと以外は出番がなかったですねぇ。次回の活躍に期待しておきましょう。そういう意味では、今巻は愛衣のターンというこのなのでしょうね。また、カオルは相変わらずおいしいところを持っていきます。何なんだ、この親友はカオルの秘密とやらがやっぱり気になりますよ。あと、サッカー部の山本くんが楽しいです。
 今回はシリアスはほぼなしで、いつも通りのラブコメ全開という感じでしたね。この作品はキャラクターが現実にはいないような定型化されたヒロインたちが織り成すラブコメ、というラノベらしいラノベだと思います。文章も私個人としては非常に軽快に読み進められますし。
 次回、ついに伯母の桐生冴子さんが登場とのことで期待しておきます。

 限定版の小冊子の小説についても一言。このシリーズならやると思っていたことをやってくれました。あの時の衝撃を同時に、といったところでしょうか(笑)。なので、個人的には満足ですね。
スポンサーサイト

円環少女 ⑫真なる悪鬼

円環少女  (12)真なる悪鬼 (角川スニーカー文庫)円環少女 (12)真なる悪鬼 (角川スニーカー文庫)
(2010/08/31)
著:長谷 敏司
イラスト:深遊
商品詳細を見る


総合評価:A´

 神音大系との最終決戦、開幕。
 舞花により《奇跡》無き地、地球に再演大系の《神》は降臨した。東京上空の核爆発すら封じ込めた圧倒的な《奇跡》だった。魔法消去の力が弱まり、世界は魔法使いたちを受け入れ始めていた。聖騎士たちは神を定める理想のために決戦を画策する。
 ついに《神》が降臨を果たし、神音大系との最終決戦。まさにクライマックス直前で、バトルが、恋が非常に熱い! 意味深なキャラ、《聖霊騎士》の《黒騎士》ユーグの登場による世界は紐解かれる直前に。魔法消去の弱まった中でのアンゼロッタたち聖騎士との戦い。仁・メイゼル・きずなの恋の行方も決着を迎えようとしている。これを熱いと言わずして何を、という感じですね。仁がようやく答えを出そうとしていますし。
 そんな加速する熱さの中に挿入されたメイゼルの文化祭の《白雪姫》の上演などのギャグには毎度笑わされます。皆、必死に戦っているからでしょうね。エレオノールは1巻で敵対していた頃からは考えられないキャラクターになりました。寒川紀子は毎度、美味しいポジションですねぇ。
 最終巻はこのラノ投票前に読み終える予定です(現在、手元にないので)。

購入履歴

17日の入手品

・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる3 小冊子付き限定版 (GA文庫)
・灼熱の小早川さん (ガガガ文庫)
・だから僕は、Hができない。5: 死神と失われた王家 (富士見ファンタジア文庫)


色々待ってくださいな状況で、時間が過ぎていっています。いや、ラノべは常に私とともにあるわけですが。
とにかく、このラノの投票までには崩しにかかりたいところです。
あと、私の積読が400冊を突破していることが発覚しました。まったくめでたくないですねぇ。

しかし、『人類は衰退しました』シリーズが絵師交代ですか……

円環少女 ⑪新世界の門

円環少女  (11)新世界の門 (角川スニーカー文庫)円環少女 (11)新世界の門 (角川スニーカー文庫)
(2010/02/01)
著:長谷 敏司
イラスト:深遊
商品詳細を見る


総合評価:A´

 クライマックスに突入し、アトランチスでの《九位》たちとの決戦、きずなの戦いに目が離せませんでした。
 《魔術師》王子護ハウゼンによって浮上したアトランチス。魔法使いの存在が世界中に公開されたことで各国政府と魔法勢力の争いはさらに混迷を極めていく。
 仁・メイゼル・きずな・京香・《九位》・王子護・舞花・ケイツ・アリーセが今回動いていた印象。特に、きずなの立ち位置といったら……。どんどんと転がり落ちていく子だなぁ。でも、再演魔術師としての強さは半端ないですね。前半では日常・家庭の象徴だっただけに。今や、メイゼルが圧倒的にヒロインですよ。1巻の頃と比べて、成長っぷりが十分に窺えますし。きずなの周りに集まった女性陣は強い人ばかりですねぇ。そして、安定のケイツ。
 アトランチスを巡って、仁・メイゼル・《公館》勢力・《協会》非主流派・アンゼロッタたち・《九位》や《雷神》クレペンスらの円環大系勢力による思惑入り乱れての壮大な魔法戦争。一方、きずなを巡って、きずな・《鬼火衆》・瑞希やエレオノールなどきずなを支える者たちと神聖騎士団との壮絶な激突。政治や商売など様々な目的のために裏で動く京香・王子護・舞花。また、世界の秘密と各勢力の思惑がかなり明らかになってきました。
論理的に展開される魔法によるバトルの激しさもさることながら、それぞれの思惑が複雑に絡み合い駆け引きが行なわれていることで非常に魅力的な作品になっているのだと思います。ファンタジーでありながら、非常に俗物的であるところなどが。しかし、話の息抜きに挿入されているギャグにはついつい笑わされてしまいます。あと、深遊さんのイラストが良い味つけになっているとも思いますね。
 ついに《神》が降臨し、いよいよといったところですよ。

円環少女 ⑩運命の螺旋

円環少女  10 運命の螺旋 (角川スニーカー文庫)円環少女 10 運命の螺旋 (角川スニーカー文庫)
(2009/07/01)
著:長谷 敏司
イラスト:深遊
商品詳細を見る


総合評価:A´

 メイゼルの過去がようやく明かされ、円環大系との本格戦闘に突入。
 キャラは安定。ただ、今回は仁の妹、舞花が復活という形で姿を見せた。どう見ても裏がありまくりでしょう。名前だけはやたらと出ていたメイゼルの母親、イリーズが登場。滅茶苦茶強いし、頭脳も明晰すぎでしょう。円環大系は実は螺旋大系だったという新事実も発覚しちゃったし。メイゼルのサディステックはここから始まったんだなというのも判明。さらに、《九位》の素顔がメイゼルの伯母のグラフェーラと判明。この人も不運っちゃ不運かもしれないけど、何とも自業自得でしょう。《雷神》クレペンスは昔のほうがカッコいいぞ、おい。核爆弾とかに関わっちゃっているから印象悪かったけど。3巻で名前は出ていた連合の《導師》アリーセが伏線を回収して、登場。胡散臭いにもほどがある。王子護とどっこいどっこいという感じだよ。ベルニッチは何だかんだで良い奴だよなぁ。きずなはヒロインポジションから転落したと思ったら、凄いところまで来ちゃったな。本当に1巻のころからでは絶対に想像できないよ。魔法世界に関する難しい理論的な話も出てきたし、地獄たるこの世界と魔法世界の政治的駆け引き、混迷していく魔法戦闘と凄い感じになってきたけれど、やっぱりこの作品は面白い。今回の戦闘舞台は東京国際展示場だったし。でも、仁は人間としてはそれなりに強いだろうけど、周りの奴らが本当に強すぎるでしょ。
 そして、最後の最後で王子護が全てを持っていった! まさかアトランチスまで出てくるとは。しかも、メイゼルの元お家とは。そして、ケイツ……。

円環少女 ⑨公館陥落

円環少女  (9)公館陥落 (角川スニーカー文庫)円環少女 (9)公館陥落 (角川スニーカー文庫)
(2008/11/29)
著:長谷 敏司
イラスト:深遊
商品詳細を見る


総合評価:A´

 円環少女もついに最終章突入。大きな歯車がついに動き出す。
 《鬼火》東郷永光、死す。されども、その生き様は常に揺らがず、桜の下で散った。そもそも《九位》という最高位魔導師を相手したから死んだものの、近距離戦闘では最強クラスだし戦いには負けたが勝負には勝ったというやつだろう。そして、《公館》にも魔法使い世界にも新しい時代が幕を開け始める。1巻以来の伏線を回収し、最後のための伏線が張られたな。しかし、魔法使いどもは変な性格の奴ばかりだな、どんな戦闘であっても一瞬ギャグに変えてくれる。あとは、《九位》は最高位魔導師でサイボーグだし、《雷神》は規格外レベルだし、《破壊》も魔法消去が効かない場所なら最強だろう、《茨姫》も強力だし。何だこいつら、最強の大安売りだぜ。
 主人公が24歳であっちへこっちへふらふら(でも、今回でようやく主人公の論理と行くべき道が定められた感じだ)、“悪”だ、小難しい理論だ、政治利害だ、何だととてもラノベとは思えないが(文体も読みにくいし)、やっぱり円環少女は面白い。それに内容は複雑だが、世界観の設定やここまで繋いできた長編としての物語はやっぱり凄い。よく前までの内容や論理を忘れているが。いつか一気に読み直したい作品である。

さくら荘のペットな彼女4

さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女(4) (電撃文庫)
(2010/12/10)
著:鴨志田 一
イラスト:溝口ケージ
商品詳細を見る


総合評価:B

 今回は文化祭からクリスマスまでのさくら荘の面子を追った話で学生らしい話が多く良かった。
 内容は、第一話が文化祭でのゲーム『銀河猫にゃぼろん』公開、第二話はましろとの文化祭巡り、第三話は美咲の恋とましろとの対立、第四話はクリスマスとなっていた。
 第一話は前回の空港での告白で空太は悶々としながらも『銀河猫にゃぼろん』を制作する。これに関して特に言う事はない。今まで張ってきた伏線を出したにすぎない。まぁ、物作りに掛ける情熱は感じられたと思う。
 第二話はさくら荘の恋模様を描いた話となっていた。もちろん話の中心はましろとの愉快ドキドキ文化祭デートだったが、龍之介とリタ(リタのこと結構好きなんだよねぇ)、千尋と2巻登場のゲームクリエーターの藤沢和希、仁と美咲と美咲の姉の風香、七海と友人の宮原大地、そして空太とましろ。そんな複雑な恋が絡み合い描き出された話は痛くも中々良かったと思う。千尋と和希は空太とましろを投影するように書かれているのがこれまた切ないね。藤沢和希の自分の底から湧き上がる衝動を基に諦めず進むしかないという話はクリエーター全てに当てはまることだよなぁ。
 第三話は個人的に印象が薄いが、美咲の仁へのアタックの本格化とましろの恋の目覚めによる料理、それによって生まれた空太とましろの新たなる確執であった。自分が不調だとどうしても些細なことが気になってしまうよな。途中出てきた妹はいいキャラしているなぁ、正式に出てこないかなぁ(でも、皆帰省させるって先生が言ってるから出てくるかな。期待)。
 第四話はクリスマスのそれぞれの恋であった。七海とのクリスマスデートにましろとの仲直り、そして美咲の恋の破綻状態で今巻は幕を閉じた。千尋の人生観はありきたりかもその通りなんだよな、人生は死ぬまで続いてくし、社会は甘くない、厳しいねぇ。でも、仲直りしようとバームクーヘンを置いていくましろんは可愛いな。あと、どうしても七海を応援したくなってしまう。この巻の三話の仁が言っていた(P195)、失敗からじゃなくて成功から学ぶしかないというのは心に突き刺さったし、個人的にとても印象的であった。
 それぞれが恋に気付き動き始めてきたといえる。この作者は恋、特に特殊なやつを描くの上手いと思うんだよな。実際にはないと思えるところが、逆にリアルに感じてしまうという感じで。今回は悩みなども共感も呼び、学生らしく良かったですね。

さくら荘のペットな彼女3

さくら荘のペットな彼女〈3〉 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女〈3〉 (電撃文庫)
(2010/08/10)
著:鴨志田 一
イラスト:溝口ケージ
商品詳細を見る


総合評価:B´

 今回は青春小説の定番のような話で攻めてきた。正攻法なので、評価は1ランクアップ。
 ましろのルームメイトのリタ登場で荒れるさくら荘。そして、ついに龍之介がイラストともに平然と登場。最後近くのリタ×龍之介はいいですね。ニヤニヤできます。お父さんも出てきたし。しかし、このさくら荘のテーマといえるものが相変わらずに見え隠れしているので、ギャグにも単純に笑うことが出来ない。それが弱点でもあり、強さでもあると考える。生きていく上では目を逸らすことのできない「痛み」を真っ向勝負で書いている。才能の壁、努力など読んでいるこっちも胸が疼くが、それは作者も同じはずで、それをほぼきちんと書いているのだからすごい。ただ、今回は前巻のように鬱々とした感じで終わっておらず、キレイに終わっているので良し。

羽月莉音の帝国5

羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)
(2010/11/18)
著:至道 流星
イラスト:二ノ膳
商品詳細を見る


総合評価:B

 恒太の頭取就任から日本商業銀行経営の立て直し、そしてついに革命部が中国進出。
 恒太の頭取就任はひどいという他ない。でも、民衆受けして、天才っぷりを披露する恒太はこれまた凄すぎるとしか言いようも無いが。銀行に預金が増えていく一方、銀行業務は圧迫。そして、明らかになったヤクザとの関係。確かによく言われたりしていることである。でも、この物語の裏社会登場率高いなぁ。ま、もうこんな荒唐無稽っぷりを展開されたら、いっそ清清しいほど面白いけどね。そして、京武会との決着を経て、まともな銀行経営がスタート。でも、恒太の無茶苦茶な言動に涙が出ちゃうな。恒太はギガスだのなんだの痛い話は革命部のメンバーにしか話してないんだよな。そう考えると、可愛いところもある、のかなぁ。一方、柚さんはプログラム関連の話が出ないと完全にアホの子としか思えない。沙織は良い子だし(でも、巳継とのラブコメは浮いているな)。
 で、アクアスと日本商業銀行改め世界商業銀行が提携しての中国への事業進出。戦後における中国の歴史が書かれていたのは好印象。確かに中国はドロドロとした歴史と政治形態だが、一概には否定はできないのかもなぁ。そんな中、現実では北朝鮮の核工場の公開や砲撃など見事に重なり合っちゃったのは、笑うしかないのかな。そして、反日デモ。海胴の登場と舞台はさらに展開見せる。ここで革命部が失敗したら滅亡の道を辿るとしても、一回は手痛い失敗をして不死鳥のごとく甦るという熱い展開をしてくれてもいいんだよな。
 無茶苦茶だけれど、やっぱり面白い。莉音は3巻以降が舞台が大きくなって本番という感じのシリーズですね。

羽月莉音の帝国4

羽月莉音の帝国 4 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 4 (ガガガ文庫)
(2010/09/17)
著:至道 流星
イラスト:二ノ膳
商品詳細を見る


総合評価:B´


 革命部はさらに高みへと駆け上がる。
 内容として、前回の引きが核開発のためのEEのウエスタンオリオン買収の開始だったが、核開発に関する記述は今回は特になし。三度に亘る買収劇かと思いきや、日本政治経済界の実質的な支配者が登場し、東丈会も絡まってヤクザとの抗争。そして、その首領たる海胴総次郎を味方につけ、次は銀行を買収。最後は春日恒太が銀行頭取就任して終了。話の流れとしてはまったく複雑ではない。新国家建設という大目標については緩やかに進行中といった感じで、文章の端端から感じられる程度である。そういう意味では、やはり最近の経済をテーマにし、それに関しては簡略化しながらも良く書けていると思う。空TOB戦略や交渉術、海胴総次郎の経歴、日本経済の硬化、銀行の仕組みなどはこちらもふむふむと思いながら読んでしまう。そこがこの小説の魅力なのだろう。しかし、いささかご都合主義が過ぎて誇大妄想小説といった感じになりつつあるような気もするが。
 今回で金融大臣にまで会っちゃったし、日本の裏の支配者には気に入られちゃったから、次は総理大臣でも出てくるのかな。まぁ、個人的には暖かく見守っていく所存。あと、無理にラノベっぽく柚さんが告白するシーンがあるが、イマイチ物語に絡まってこないので、何とも浮いているような感じなんだよなぁ。もう莉音は相当デレてるけどな。で、速水さんは引退になるのか。そして、恒太がますます痛悲しい子になっていく。いつまでギガスで引っ張るんだ。しかも、最後は莉音たちに何も言うことなく銀行頭取になっちゃうし。「恒太が頭取なんかなっちゃ、らめぇえええええ」て気分だよ。ま、莉音は世界観がもはや磐石だから、わりと何しようと構わないんだけど。
 とにかく、おいおいそれはダメだろ的なところで今回は終わってしまっているので、気になりはするが、銀行を失うとは思えないから何とか経営再建させるんだろうな。そういう意味では、革命部は手痛い失敗をするべきだと思うのだけれど。
プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。