スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生 第5章

人生 第5章 (ガガガ文庫)人生 第5章 (ガガガ文庫)
(2013/05/17)
著:川岸 殴魚
イラスト:ななせめるち
商品詳細を見る



総合評価:B´


 今回で主人公が一皮剥けた感じがありますね。

 「かわいいは正義!すばやいも正義!」第二新聞部の部長・彩香に乗せられて、九文学園美少女コンテストに出場することになったいくみ。校内ナンバーワンの美少女を決めるこのイベント、どうやら生徒会長の白河香織が優勝することが決まっているデキレースらしい。彩香は不正を暴きたいらしいのだが、その対抗馬、いくみで大丈夫なんだろうか…?勝利のため、美術系の回答者として加わった絵美の美感が炸裂する!知性、教養、センス、美貌のこと…。ミスコン優勝で生徒会長失脚をめざせ!

 毎度のことながら相談者の問題を解決しながら、今回は美少女コンテストの不正を暴くというストーリーが展開。ゆるーく楽しめるのが、魅力ですよねぇ。
 今回は美少女コンテストに出場するのがいくみということで、いくみがメインにストーリーが展開していましたね。それと同時にラブコメ要素がちょこっと登場。主人公らしいことをしちゃいます。また、今まで一発ネタかと思われていた生徒やネタなどが再登場。このような要素は地味に嬉しいですよねぇ。しかし、生徒会長と彩香は本当にラノベ的な人物ですね。だが、それが良い!

 次回もゆるーく期待しています。
スポンサーサイト

ノノメメ、ハートブレイク

ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)ノノメメ、ハートブレイク (ガガガ文庫)
(2013/05/17)
著:近村 英一
イラスト:竜徹
商品詳細を見る



総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:C´
文体:B´
内容:C



 第7回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。
 神々によって女の子にフられ続ける運命を背負わされた少年・東雲茅吹。誰にどんなに恋焦がれようとも、彼の恋は決して成就することはないのだが―。「そんな運命、否定してやる!」と、天の国の少女・天王洲君を巻き込んで、彼は今日も元気に一目惚れ!廃部寸前の弱小野球部のマネージャー、近づく人間に不幸を降りかからせる女の子、漫才師を目指すもわけあって相方のなり手がいない先輩。惚れた少女たちのために一肌脱いで、突っ走って、傷ついて…、それでも彼は恋をする。

 物語自体は別に悪くないのですが、圧倒的に設定の説明不足感を感じました。

 バカで不幸体質の「破壊王」の東雲芽吹ことノノメメさんとヒラの神様の相方の天王洲。良いコンビだと思います。彼らが解決屋として、女の子三人の問題を解決していくわけですが、それもイマイチ解決していない感もありますが、まぁ良いでしょう。とにかく、女の子に好かれようとひたすら突っ走る東雲の行動原理は単純なので、特に突っかかるところもなく読めますね。天王洲も中々萌えポイント高いですから。ヒロイン三名は良いでしょう。恵比寿会長も定番なキャラですから(個人的には副会長が気になりますが)。

 ただ、設定や裏事情をもっと話しかったのですよねぇ。不幸を感じることによって出る金色の霞のこと全般や東雲と天王洲との出会い。特に、問題を抱えたヒロイン三名の裏事情が「色々あるんだよね」で済まされているのが納得いかないんですよ。現実は本当に色々事情があって喋れないことって結構あるとは思うんですが、これは物語なわけですから、もっと突っ込んで欲しかった。感情移入がしにくいですよ。とにかく、それが本当に残念です。
 
文体は、東雲と天王洲とのボケとツッコミが安定して、読みやすく良いと思います。

 読後感は非常にサッパリしていて、気持ちが良いです。今後に期待ですかね。

やましいゲームの作り方

やましいゲームの作り方 (ガガガ文庫)やましいゲームの作り方 (ガガガ文庫)
(2012/12/18)
著:荒川 工
イラスト:nauribon
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:B´
構成:B´
世界観:B
文体:B´
内容:B´


 親父、いいキャラしているなぁ。

 不意の事故によって死んでしまったはずのアラフォーのおっさんの龍介だったが、息子忍の身体を乗っ取っていた。息子の身体でやましいゲーム作り、スタート。

 この作品、とにかく親父が良いキャラしすぎ。そこが面白い。と言いますか、それに尽きる。忍は最後に成長したと思うので、そこは良かったかな。平栗美里さんは年上残念キャラで良い感じです。しかし、今回あまり出番がなかったので、今後の活躍に期待というところでしょうか。六実さんとななおさんも今後かな。

 荒川さん自身が実際にPCゲームの経験がある方なので、微妙にリアルな感じが出ていて良かったです。やはり、おっさんが語り手ゆえですかねぇ。特に幕間。ただ、今回はその全工程をザックリと紹介したような感じで終わっていたので、これも次以降ですか。あとは、学校での美里さんとの日々も。でも、忍君状態は今まで描写されてこなかったタイプでしたよね。どちらかというと、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』状態になると思うので。

 面白かったとは思いますが、これ絶対中高生向けなラノベではないですw

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 ドラマCD付き限定特装版

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 ドラマCD付限定特装版 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3 ドラマCD付限定特装版 (ガガガ文庫)
(2011/11/18)
著:渡 航
イラスト:ぽんかん⑧
商品詳細を見る


総合評価:B
1巻参照


 何でここまで、私のぼっち心を刺激してくるのだろうか!

 前回の八幡の発言により、奉仕部の部室に顔を出さなくなった由比ヶ浜。だが、八幡や雪乃には解決する器用さがなく、ただただいつもの日々を繰り返そうとする中、平塚先生が新たな口火を切る。

 戸塚との甘酸っぱい?放課後のひと時、小町とのお出かけから発展し展開するイベント、材木座を発端とする脱衣トランプなど、相変わらず色々な出来事満載ですね。それにも況してぼっちネタと千葉ローカルネタは切れ味バツグンです。3巻になってもこの勢いはまだまだ健在で、的確に私の心を八幡及び雪乃や材木座の残念さは抉ってくるんですよねぇ。どこ、というレベルではなく、全体的に尖っているなぁ。色んな意味で悶えていました。

 また、今回は前回の引きが引きだっただけに、ラブコメ感が強かったですね。個人的にはそこが強まって好きでした。特に、今回は雪乃の可愛さが目立ちました。勿論、結衣も負けていませんが。あと、戸塚、可愛いね、戸塚! 何なんだ、と。ところで、川崎さんは今回登場しませんでしたねぇ。

 安定したネタを提供してくれる作品で、今後も期待です。


 ドラマCD関連についても少しばかり。
 シナリオ自体は平坂読著『僕は友達が少ない6』と同じ形式でドラマCDの脚本がリライトされた形で掲載されていて、良かったと思います(その代わり、行数が詰められ、あとがきが削られてしまっていますね)。
 非常に声優さんが頑張っている内容だと思いました。その辺りはさすが、というべきでしょう。しかし、今回のキャストを見る感じ、アニメ化しそうな布陣ですねぇ(でも、アニメ化したら、この独特のぼっち感は表現しきれないと個人的には思ってしまうのですが)。私としては十分に楽しませてもらいました。また、ドラマCD内に組み込まれているキャラソンも歌唱力のあるお二方が歌っていて良かったと思います。

羽月莉音の帝国5

羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)
(2010/11/18)
著:至道 流星
イラスト:二ノ膳
商品詳細を見る


総合評価:B

 恒太の頭取就任から日本商業銀行経営の立て直し、そしてついに革命部が中国進出。
 恒太の頭取就任はひどいという他ない。でも、民衆受けして、天才っぷりを披露する恒太はこれまた凄すぎるとしか言いようも無いが。銀行に預金が増えていく一方、銀行業務は圧迫。そして、明らかになったヤクザとの関係。確かによく言われたりしていることである。でも、この物語の裏社会登場率高いなぁ。ま、もうこんな荒唐無稽っぷりを展開されたら、いっそ清清しいほど面白いけどね。そして、京武会との決着を経て、まともな銀行経営がスタート。でも、恒太の無茶苦茶な言動に涙が出ちゃうな。恒太はギガスだのなんだの痛い話は革命部のメンバーにしか話してないんだよな。そう考えると、可愛いところもある、のかなぁ。一方、柚さんはプログラム関連の話が出ないと完全にアホの子としか思えない。沙織は良い子だし(でも、巳継とのラブコメは浮いているな)。
 で、アクアスと日本商業銀行改め世界商業銀行が提携しての中国への事業進出。戦後における中国の歴史が書かれていたのは好印象。確かに中国はドロドロとした歴史と政治形態だが、一概には否定はできないのかもなぁ。そんな中、現実では北朝鮮の核工場の公開や砲撃など見事に重なり合っちゃったのは、笑うしかないのかな。そして、反日デモ。海胴の登場と舞台はさらに展開見せる。ここで革命部が失敗したら滅亡の道を辿るとしても、一回は手痛い失敗をして不死鳥のごとく甦るという熱い展開をしてくれてもいいんだよな。
 無茶苦茶だけれど、やっぱり面白い。莉音は3巻以降が舞台が大きくなって本番という感じのシリーズですね。

羽月莉音の帝国4

羽月莉音の帝国 4 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 4 (ガガガ文庫)
(2010/09/17)
著:至道 流星
イラスト:二ノ膳
商品詳細を見る


総合評価:B´


 革命部はさらに高みへと駆け上がる。
 内容として、前回の引きが核開発のためのEEのウエスタンオリオン買収の開始だったが、核開発に関する記述は今回は特になし。三度に亘る買収劇かと思いきや、日本政治経済界の実質的な支配者が登場し、東丈会も絡まってヤクザとの抗争。そして、その首領たる海胴総次郎を味方につけ、次は銀行を買収。最後は春日恒太が銀行頭取就任して終了。話の流れとしてはまったく複雑ではない。新国家建設という大目標については緩やかに進行中といった感じで、文章の端端から感じられる程度である。そういう意味では、やはり最近の経済をテーマにし、それに関しては簡略化しながらも良く書けていると思う。空TOB戦略や交渉術、海胴総次郎の経歴、日本経済の硬化、銀行の仕組みなどはこちらもふむふむと思いながら読んでしまう。そこがこの小説の魅力なのだろう。しかし、いささかご都合主義が過ぎて誇大妄想小説といった感じになりつつあるような気もするが。
 今回で金融大臣にまで会っちゃったし、日本の裏の支配者には気に入られちゃったから、次は総理大臣でも出てくるのかな。まぁ、個人的には暖かく見守っていく所存。あと、無理にラノベっぽく柚さんが告白するシーンがあるが、イマイチ物語に絡まってこないので、何とも浮いているような感じなんだよなぁ。もう莉音は相当デレてるけどな。で、速水さんは引退になるのか。そして、恒太がますます痛悲しい子になっていく。いつまでギガスで引っ張るんだ。しかも、最後は莉音たちに何も言うことなく銀行頭取になっちゃうし。「恒太が頭取なんかなっちゃ、らめぇえええええ」て気分だよ。ま、莉音は世界観がもはや磐石だから、わりと何しようと構わないんだけど。
 とにかく、おいおいそれはダメだろ的なところで今回は終わってしまっているので、気になりはするが、銀行を失うとは思えないから何とか経営再建させるんだろうな。そういう意味では、革命部は手痛い失敗をするべきだと思うのだけれど。

羽月莉音の帝国3

羽月莉音の帝国 3 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 3 (ガガガ文庫)
(2010/07/17)
著:至道 流星
イラスト:二ノ膳
商品詳細を見る


総合評価:B

 今回は恒太のターン。この子、普段はおかしな子だけど、波長が合うとカッコいいなぁ。そして、二ノ膳さんのイラストにユイが(アニメ化したら、沙織は喜多村さんなんですね、わかります)。
 ユニ○ロことアクアス買収戦が終結し、面白かった。荒唐無稽ながら、現代の戦いに則ってやっているというのが本当に凄い。まさに現代経済学、数字の闘い。立花社長、ええ人や。そして、莉音が倒れたことにより、成長した主人公いいですね。莉音もデレ成分が出てきましたし。
 しかし、後半は新たな経済システムに軍備に核弾頭というキナ臭い話に。新たな経済システムはほんの一部しか公開されていないものの、共産主義のような臭いも(別に悪いわけじゃないが)。軍備は今の段階では諸刃の剣のような気がするんだがなぁ。しかも、核弾頭はぶっとんでるなぁ。大丈夫かねぇ。すごいとこまで来たもんだ。次はS○NYことEEの買収戦か。三連続となると、うーん。あとがきもかなり凄いこと述べてるし。
 まぁ、次に期待ということで、評価は高め。実際、ちゃんと現代の戦いに則った上で物語は進んでいるし、面白いので。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。2 (ガガガ文庫)
(2011/07/20)
著:渡 航
イラスト:ぽんかん⑧
商品詳細を見る


総合評価:B´
1巻参照


 本人たちが輝いていようと残念だろうと、「青春」という時間は等しく流れてゆくのです。
 奉仕部に参加するも残念さは相変わらずの八幡たち。そんな青春の隔離病棟・奉仕部に初めて事件な依頼が飛び込んでくる。また、今回は八幡の妹・小町がヴィジュアルで登場に加え、新キャラも登場。

 新キャラの川崎沙希は、不良系学生として登場。沙希の性格については冷めた感じと述べられているものの、今回は物語で喋っていないのでどんなキャラまでは完全に把握できていない。でも、黒レースを考えると、女の子しているなぁと思いましたけど。一方、前回チラリと登場した妹の小町がヴィジュアル化しましたね。八幡とは家族ということで、八幡が他人に接するのとは違う一面を見せてくれました。しかし、ブラコン&シスコンだね。それと、沙希の弟の川崎大志も登場。地味に将来有望なキャラだな、と思ったり。
 雪ノ下は、八幡や結衣たちと接したことで大分丸くなって印象を受けます。また、今回はいつもとは違う二つの雰囲気を見せてくれた。雪ノ下の出自が今後どの程度関わってくるか、も注目の一つでしょうか。由比ヶ浜は、今回のメインでしたね。ラブコメの波動に気付け、八幡!とも思わなくもないです。おバカキャラとの相乗でより可愛く見えるんですかね。何だかんだで、この物語を明るく引っ張っていっている存在ですよね。材木座は、いつも通り。戸塚は、マジ天使。言動が卑怯すぎるでしょう、この子は。だが、男だ。平塚先生は、いいキャラを見せてくれました。誰か貰ってやって。あと、確かにメールだとキャラが変わりすぎでしょう。今回驚いたのは、イケメンリア充の葉山隼人がしっかり登場し、活躍しているという点でした。現実においても、テニス騒動があったからといって、その人とは同じクラスならその後も関わりはあるということを暗に示しているとも感じましたね。でも、葉山自身は前世は聖人だったの?というくらいのいい人っぷりでした。

 物語としては、テスト勉強の話に、クラス内で飛び交うチェーンメールの事件、川崎沙希についてであった。ただ一貫して言えることは、比企谷八幡の思考が非常に残念すぎるということです。ぼっちならではのマイナスの考えが本当に残念。いや、気持ちは身に染みてわかるんですけどね! グループ分けとか○○菌とか人に対する観察眼とか人に期待を持ってはいけないとか。無駄に共感を呼び起こされます。いかに八幡たちの残念さに共感を覚えるかが、この作品を楽しんで読めるかのポイントだとも思えますが。帯で「逢空万太、大推薦!!!」があるかどうかはわかりませんが、本編中にしっかりと北の飛行性海洋生物が登場してますね。

 いやはや、最後はお約束とはいえ、八幡と結衣の関係にはどうしても注目してしまいますね。次の残念さにも期待してます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
(2011/03/18)
著:渡 航
イラスト:ぽんかん⑧
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:B´
構成:B´
世界観:B´
文体:B´
内容:B´

 ぼっちにはぼっちの生き様があるのです。
 腐った魚のような目をしたぼっちな高校生の比企谷八幡は、生活指導担当でもある平塚先生によって残念な性格を矯正するべく「奉仕部」なる部活に強制入部させられる。そこにいたのは学校一の美少女で完璧超人の雪ノ下雪乃だった。ラブコメ展開開始かと思いきや、雪乃の性格も非常に残念でそんなことにもならない。さらに、平塚先生の提案によって、奉仕勝負をすることに。そんなよく分からない部活に相談しに来る人も変な人ばかり。そんな残念な青春模様を描くラブ?コメディ。
 キャラクターは、皆どこか残念な性格ばかり。キャラクターの苗字は、全員鎌倉周辺の地名から取られている、舞台は一応千葉県なのに。主人公の比企谷八幡は、ぼっちな高校生。しかし、別にぼっちなことを嫌っているわけではなく、彼なりに楽しんでいる。全体的に醒めている。高二病。雪ノ下雪乃は、完璧超人で美少女にして、奉仕部部長。絶対正義の体現者たらんとし容赦なく、ツンツンの毒舌。一人でいることを特に何とも思っていないが、彼女自身も何か悩みを抱えている模様。由比ヶ浜結衣は、アホの子。現代的な女子高生として描かれている(本文の記述では茶髪なのだが、イラストではピンク。これはピンクの法則を狙ってなのか……)。二重の意味でラブコメ要員か。リア充グループに属しながらも人に合わせてばかりで距離を感じている。材木座義輝は、典型的な中二病、以上。戸塚彩加は、女の子みたいな男の子(男の娘にあらず)。テニス部に所属するか弱き王子。こんな可愛い子が男の子なわけがない。平塚静先生は、国語教師であり生活指導担当のマンガ好き。主な登場人物は以上になる。あと、主人公の妹の小町。リア充グループの葉山や三浦などがいる。
 構成は、全8章となっている。ストーリーラインだけ語ると、八幡が奉仕部に入部し、雪乃などとともに相談者の悩みの解決を協力していくという単純な流れである。ただ、最初の導入部分はテンポが若干悪いかもしれないと個人的に思うが。各話の構成としては、オタクネタなどを織り交ぜながら進行し、最後は真面目なオチを入れている、という感じである。けして、短絡的なギャグで落としきらないのが良いところであると思う。
 世界観は、平均的な高校を舞台として描かれている。多少、コメディやラブコメなどとしてラノベらしい設定は組み込まれているものの、ファンタジーもオカルトもSFもない現実的な世界である。主人公及び周りのキャラクターはぼっち的なキャラクターなので、それに共感できるかが鍵となってくる。類は友を呼ぶのです。
 文体は、普通。特に読みづらくもなく、特に読みやすくもなく平均的。
 内容は、ぼっちならではのあるある的な青春ドラマという感じである。オタクネタが盛り込まれたコメディではあるものの、そこまで気楽にというわけでもない(各話の前半部分は気楽に読めるようには作られている)。ラブコメ成分もかなり少ない(ただ、読み解き方次第な気もしますが)。なので、平坂読著『僕は友達が少ない』のような感じを想像して読むのは薦められない。まぁ、残念系には属するとは思いますが。
 ぼっちや友達が少なくても、わりと楽しく充足を感じている。体育に「好きな奴とペアを組め」と言われるのが嫌だったり、女子とどのように話したらよいのかわからなかったりしても。ぼっちならではのネタやトラウマを刺激されながらも、それぞれの「青春」を肯定するような小説です。青春映画で描かれるような華やかな高校生活ではないけれど、日は当たらないかもしれないけれど、ぼっちはぼっちなりの「青春」があるのです。そんな感覚に共感できないと、つまらないのではないかと考える。そこら辺は最後及びあとがきに凝縮されていますので、興味を持った人はどうぞ。彼らの生き様、「青春」が感じられる、そんな作品です。これはこれで中々読ませまてくれました。
 結論を言うと、「リア充爆発しろ」というところですかね(笑)

 次は橘公司『デート・ア・ライブ 十香デッドエンド』読破予定。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

人類は衰退しました⑥

人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 6 (ガガガ文庫)
(2011/02/18)
著:田中 ロミオ
イラスト:山崎 透
商品詳細を見る


総合評価:B
1巻参照(しばしお待ちを)

 13ヶ月ぶりの新刊楽しく読ませてもらいました。
 今回は、鳥人間コンテストもとい「鳥人類コンテスト」のお話と同人誌もとい「同類誌」のお話の2本で構成されていた。人類は衰退しても変なことをやるのは変わらないというのが楽しいです。童話のように見せながらも、多くのネタを含み、時に黒い部分が見えるのがまた何ともな作品である。
季節も冬になり、祖父の趣味サークル「大砲倶楽部」の一員として「鳥人類コンテスト」の会場へと向かったわたし。そこでミスターVIPによって強引に安全対策係に任命されてしまう。仕方なく、会場や各チームの機体を確認するものの……。死人が出ないように妖精さんたちの力を借りて、人知れず「解☆決!(横ピース)」していくわたしの姿が愉快です。このシリーズらしい内容でした。また、悪友Yの来訪によって、過去のBL漫画・同人誌が発見され、瞬く間にクスノキの里に広まっていく。そして、それはやがて同類誌ブームへと発展していったのだった。と思ったら、わたしとYと助手さんが白い完全密室の部屋に監禁されて脱出を試みる話に。これは現在のオタク文化(内容的にはほぼ漫画のみですが)のあるある的な部分が凝縮されてます。歴史は繰り返すということなのだろうかと感じさせます。オチが世知辛いなぁ。今回は全体的に妖精さん成分は少なめです。
今作は『人類は衰退しました』シリーズとしては最薄だったので、もう少しこの人類が衰退した世界を堪能していたかったという気持ちはあります。アニメ化はどうなるでしょうかね。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。