スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この恋と、その未来。 -一年目 春- 

この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)
(2014/06/30)
著:森橋ビンゴ
イラスト:Nardack
商品詳細を見る


総合評価:A´
キャラクター:A´
世界観:A´
構成:B
文体:B



 性同一性障害をテーマにした青春ストーリー、開幕!

 超理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。その地獄から逃れるため、新設された全寮制の高校へと入学を決めた彼は、期待を胸に単身広島へ。知らない土地、耳慣れない言葉、そして何よりもあの姉達との不条理な日々から離れた高揚感に浸る四郎だったが、ルームメイトとなった織田未来は、複雑な心を持つ……女性!? 四郎と未来、二人の奇妙な共同生活が始まる――。

 「東雲侑子」シリーズを見事に描ききったコンビによる新作の青春ラブストーリー。これに期待するな、というのは無理な話でしょう。三人の姉たちによって女性不信になった主人公の四郎が、逃げるようにして辿り着いた広島の高校で出会ったのは、性同一性障害のヒロイン・未来。ライトノベルでそんな複雑な設定を背負ったヒロインは初めてでしょう。そのような意味で、性同一性障害というテーマを扱った作品として大いに評価したいと思います。男の子の友人として接しようとしても、男の子としての気軽に接してくる性格と女の子としての身体を意識してしまい、女性不信ながらもだんだんと惹かれてしまう様が非常に切ない。さらには、1巻ラストの展開が定番ながら、心にくるものがありますね。そんな複雑な心情をリアルに描き出していく様が魅力的な作品と言えるでしょう。

 ヒロインの未来については、何とも複雑な設定を持っていて、一筋縄ではいかないところが良いですね。クラスメイトの三好沙耶ちゃんの主人公のことが気になりだし健気なところも可愛いですが、今後の展開上……になりそうなので素直に応援できない! バイト先の楠木広美さんもこんなお姉さん素敵ですわ。四郎の姉たちについては今後の主人公の家庭事情と相まってちょいちょい出てきそうなので期待したいところです。実姉としてリアルさが良い味を出しています。ところで、キャラクターの苗字は有名な武将から取られているんでしょうかね。

 舞台は、実際の広島なので、これまたリアルさを出す要因になっていると感じますね。私は広島なんて学生の時に軽く寄っただけなのでGoogle Mapを頼りに本編を読みました。そして、広島に行きたくなりましたよね。

 一年目 春ということで、まだまだ始まったばかりの彼らの今後三年間?を是非とも描ききって欲しいと思います。
スポンサーサイト

四百二十連敗ガール2

特装版 四百二十連敗ガール2 (ファミ通文庫)特装版 四百二十連敗ガール2 (ファミ通文庫)
(2013/04/30)
著:桐山なると
イラスト:七桃りお
商品詳細を見る



総合評価:B´
1巻参照



 パイナップル――――っ!

 もはや告白してもいないのにフラれてしまう主人公、石蕗ハル。そんなある日、ハルに優しい言葉をかける謎の美少女が現れた。毒空木の鬼メモによってわかった彼女のいる先は……『デレ園水泳部』。全告ツアーの前に情報収集=仮入部へ、鬼気迫る毒空木と、水泳と聞いて泣き喚く時宗さんだが、水泳部はもちろん男子禁制! チィィックショオオ! 指をくわえて待つしかないのか!?  ん? どこからか甘酸っぱい果物の香り?

 あれ、1巻より面白いぞ?
 毒空木のキャラがウザいながらも魅力がはっきりしたためかなぁ。あとは、文章もリズム良く読みやすくなっている感じです。蹺虫齧り虫というネタからスタートしたので、どうなるかと思いましたがこれならば。
 デレ園全告ツアーの続き、今回は水泳少女の布袋葵とパイナップル弓道少女の秋海棠ゆずりに焦点を絞った話でしたね。布袋葵は完全に前哨戦で、本番はパイン先輩こと秋海棠ゆずりですね。しかし、パイナップルが生えているヒロインとか予想外すぎる! 新キャラの濃さゆえに時宗さんが若干消えかかっているという……あと惚れてませんでしたっけ、この人。あと、姫林檎先生はもっと出してもいいと思うんだ!

 ストーリー的にも、水泳部エピソードもパイナップルエピードも一癖あって、面白い。1巻の時宗さんのエピソードなどはわりと直球めだったので、毒空木があたふたする様が見れた2巻は良かったですね。しかし、1巻のアレって、伏線だったんですねぇ~、しみじみ。

 今後は毒空木の過去を明らかにしながら進んでいきそうですね。


 ドラマCDにも一言。
 エンターブレイン、相当掛けているのか、特装版でドラマCD付き1000円とお求め安い価格設定になっていますね。しかも、結構聴き応えはあります。一部、ドラマCDに合わせて改変されている部分はありますが、毒空木やハルの暴れっぷりがよく表現されていました。

ルクス・ソリスの探偵軍師

ルクス・ソリスの探偵軍師 (ファミ通文庫)ルクス・ソリスの探偵軍師 (ファミ通文庫)
(2013/02/28)
著:是鐘リュウジ
イラスト:八重樫南
商品詳細を見る



総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:B´
文体:C
内容:B´



 第14回えんため大賞特別賞受賞作。

 天才少年探偵・羽澄悠が目覚めた時そこは絶海の孤島だった! そして今、眼前の天獄院黒海なる少女が告げる「私の軍師になりなさい!!」多鳥島の高校生達は、奇跡のエネルギー『ルクス・ソリス』を使い、島の覇権を懸け戦っていたのだ。軍師となることを渋々承諾した悠だったが、そんな彼に残酷な事実が――味方は三人で丸腰? しかも何故か悠は女装で……。

 うーん、全体的に不完全燃焼。女装主人公は最近お決まりですよねぇ。ヒロインの黒海は、もっと腹黒い一面を出して欲しかったです。頬白と真賀里を含めた他の登場人物たちはキャラクターの魅力不足という感じでした。登場人物が多いわりにはあまりそれを活かせていないんですよね。
 イデアの解釈による「ルクス・ソリス」の設定は悪くはないですが、それも説明不足であまり活かせていない印象でした。あと、探偵軍師もわざわざ探偵というほど推理しておらず、軍師というほど奇抜な戦略を立てているわけじゃないんですよねぇ。学園闘争系はバカテスを始めとして多く出回っていますが、今作は戦闘もイマイチ盛り上がりに欠けるので残念な感じです。特に、最後の幕引きがあまりにもあっけなさすぎて……。アニメイトの書き下ろしSSのようなことを本編でもっとやってくれれば良かったのに、と思いました。

 今後に期待ですかね。

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)
(2013/01/30)
著:津田夕也
イラスト:鵜飼沙樹
商品詳細を見る



総合評価:B
キャラクター:B´
構成:B
世界観:B
文体:B´
内容:B



 面白い。そして、まんまと騙された。

 第14回えんため大賞特別賞受賞作。神園祐希は、チュートリアルと名乗る少女に未来のゲーム〈デイドリーム・ストラグル〉に誘われる。そこで、部活仲間の綴とセンパイとともに、来年起こるという第三次世界大戦の回避を叶えるべくゲームに身を投じる。

 〈デイドリーム・ストラグル〉の世界観がきちんとしており、かつそこで出てくる武器の設定が豊かに取り揃えられているのが魅力でしょう。ゲーム内容としても、殺し合いながら本当に死ぬわけでもないという適度な緩さも特徴ですね。
 キャラクターも全員が変人でどこか捻くれている。綴とセンパイのキャラクター性、私は好きですよ。メイン三人はもう少し掘り下げてほしかった気もしますが、まぁ続きますしね。チュートリアルはヒロインというより完全にマスコットですね、これ。
 しかし、見事に騙されましたよ。そういう意味で、しっかり伏線は張られていましたからね。ただ、最初の頃がイマイチ何をやりたいのかわからず、導入力に少々欠けるとは思いましたね。個人的には大賞の『四百二十連敗ガール』より面白かったです。

 個人的にはオススメです。逆転劇というのは分かっていても、やはり面白い。最後に登場した少女が次回以降の鍵を握ったりするんでしょうかね。今後が楽しみです。

四百二十連敗ガール

四百二十連敗ガール (ファミ通文庫)四百二十連敗ガール (ファミ通文庫)
(2013/01/30)
著:桐山なると
イラスト:七桃りお
商品詳細を見る


総合評価:B´
キャラクター:B´
構成:B´
世界観:B´
文体:B´
内容:B´



 第14回えんため大賞大賞受賞作。

 美少女のみが集められた『聖シンデレラ学園』に入学した石蕗ハルは入学早々「蟯虫齧り虫」の蔑称を頂戴することになる。そんなある日、デレ園最凶の美少女・毒空木美也子から告白によって、ハルの学園生活は変わっていく。

 正ヒロインの毒空木さんが暴虐系残念ヒロインすぎて、全く萌えられない……。そこが痛すぎる。ちょっと粗暴すぎるんですよねぇ。まぁ、今までにいなかったヒロインという意味では新しいのですが。時宗愛結さんは見開きイラストのインパクトはありましたが、近年の残念系と将来性を考えるとありですね。しかし、この作品で百合カップルと彼氏ありを出したのは良かったですね。「蟯虫齧り虫」についてはあえてノーコメントで。

 唯一のヒロインになるために学園の女子全員四百二十人にフラれていくという設定は良かったです。ただ、完全に時宗さんに食われていた印象が強すぎる。あと、内容的にもう少しインパクトが欲しかったんですよね。展開は定番だったので。冒頭がちょっとわかりにくかったのと、最後の展開は少し強引すぎた感じはありましたね。

 個人的には大賞としては、全体的に弱いかなぁと思いました。

バカとテストと召喚獣9.5

バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)
(2011/06/30)
著:井上 堅二
イラスト:葉賀ユイ
商品詳細を見る


総合評価:B´

 短編集も第4弾。いよいよエンディングが見えてきましたね。
 短編4編(といつものコラム)によって構成。
「僕と子供と召喚獣」は、以前の本音を言う召喚獣に続き、今回は召喚者二人の子供を想定した召喚獣。存分に笑わせてもらいました。特に普段、硬派な雄二と高橋先生の態度には。
「僕と姫路さんとある日の昼下がり」は、姫路さんが吉井家にお泊りした時のエピソード。ある意味、平和なお話でした。主人公がパンツを被っていますが(笑)
「僕と土屋家と揺れない心」は、大晦日に放送されているとある番組のバカテス版でした。積み重ねてきたゆえの面白さが展開されてました。明久と雄二は本当に煮たもの同士というのがよく伝わってきますよ。土屋家の兄妹が少しだけ登場していますが、普通そうに描かれています。これは個人的な深読みですが、「ムッツリーニ」という存在を生んだ家庭が普通なわけがない、と。まぁ、真相は作者の中か今後次第ですね。
「俺と喧嘩と不思議なバカども」は、過去話で雄二視点から描かれた出会いの物語ですね。こういう雰囲気は好きです。バカテスらしい笑いが詰まった清清しい後味の話でした。
あとがきは、今回はいつもに比べると大人しめだった印象。
安定したお話でさらりと読ませてもらいました。短編集ゆえにいつもの激しさがなかったのは少々残念でしたが。アニメ二期、頑張ってほしいところです。
プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。