スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桐野くんには彼女がいない!?

桐野くんには彼女がいない!? (一迅社文庫 か 3-3)桐野くんには彼女がいない!? (一迅社文庫 か 3-3)
(2010/06/19)
著:川口 士
イラスト:美弥月 いつか
商品詳細を見る


総合評価:C
キャラクター:C
構成:C
世界観:C
文体:B´
内容:B´

 完全なネタ作品。ただ、いまひとつ突き抜けたところがないのが少し残念なところ。
 十八までに童貞を捨てないと死ぬと告げられた異能力者である桐野康介。しかし、彼は沙由里やレナ、森里たち鉄道研究会兼ラノベ部の仲間たちと雑談したりゲームしたりして、時に異様な存在を気にしながらものんびりと学園生活を送っていた。そんな中、桐野家の実家がある熊野の山奥の村に伝わる奇祭に仲間たちと参加することに。
 キャラクターは、メインの三人が平坂読著『僕は友達が少ない』に似ていらっしゃる。というか、1章の冒頭が「僕は友達が少ない。」から始まっているし、そもそも帯が「鉄研×ラノベ部」というのはどう考えても狙っているでしょう(作中でも語られているが)。主人公の桐野康介は一部若白髪でモテないが心は優しい、つまり小鷹。ただ、今作では主人公が本当の意味での邪気眼こと異能力者である。ヒロインは二人。遠山沙由里が康介の幼馴染で口が悪く黒髪で長髪、つまり夜空。性格が残念。レナ=イリノヴナ=薬袋が、クォーターで銀髪で巨乳で沙由里に毎回嵌められている、つまり星奈。サブヒロインのような気がする森里麻耶は作者がパロディとしてやりやすいキャラなのだろうか。元写真部で活発、主人公とは気が合いネタの応酬をしている。従妹の桐野美奈は小学生でおにいちゃっ子。おそらく、サービス兼ネタだろうと思っている。しかし、ちびっ子生徒会長が滅茶苦茶気になるじゃないか。しかし、滝行で女性陣が濡れ透けになったところで主人公が「隊長! カメラ! カメラの用意を!」と叫んだのには、無駄に感動を覚えてしまった。
 構成は、前半が日常学園編で、後半がオカルト編という形。若干、唐突な感じもする。ただ、展開としては王道といえる。冒頭にエピローグを配置(『キノの旅』か?)。各章のタイトルも鉄研会の一存や薬袋レナの憂鬱などネタから付けられている。
 世界観は、学園編の部分では特に問題なし。ただ、ラノベパロを中心としたネタで構成され、オリジナルティに欠けた。後半のオカルト編に関しても、主人公の異能の説明やら状況に関してはよいものの、バトル的な描写が微妙である。まぁ、うまく逃げているとはいえるが(そもそもそこをメインにしているわけではないので)。ただ、どちらにせよインパクトに欠けているというのが残念。
 文体は、簡潔型。特筆することはないが、パロディに対して文体も変えてきているので、そこら辺は評価する。読み易いので問題もない。
 内容は、前半と後半のバランスが悪い。オリジナルであるオカルト関連部分を強調するにしても、もう少し紙幅を使うべきだったと考える。だが、内容としては王道なので、評価としては標準である。パロディである点から言っても。でも、内容自体はこれはこれで楽しめる。
 せっかくキャラクターも世界観も出来てきているので、2巻は出して欲しいところである。ネタ探しという点で読んでみてもよいと思う。
スポンサーサイト

五年二組の吸血鬼

五年二組の吸血鬼 (一迅社文庫)五年二組の吸血鬼 (一迅社文庫)
(2011/03/19)
著:糸緒 思惟
イラスト:小路あゆむ
商品詳細を見る


総合評価:C
キャラクター:B´
構成:C
世界観:C
文体:B´
内容:B´

 イラストに反して、中身は案外と普通であった。でも、「今の世間の流れがなに?」という感じです、さすが一迅社文庫。しかし、本当に大丈夫か。
 気になるクラスメイトの西本万理衣にけしかけられ、上原翔は人の住んでいないと思われるお隣さんの幽霊屋敷を夜探検することに。地下室で棺桶の中に裸で眠る隣のクラスの松沢桃子を発見し、翔は桃子によって噛まれ吸血鬼にされてしまう。その翌日、桃子は小学校に通う全員を吸血鬼にしてしまう。それから桃子は女の子たちと翔を集めて、エッチな罰ゲームありのゲームをすることになっていく。元々、同人ゲームの「となりのヴァンパイア」を原案としている。
 キャラクターは、全員が小学五年生。主人公は路傍の奇石(ミッシング・ストーン)という特異体質の上原翔。彼を語り部として物語が進行していく。小学五年生らしい思考の持ち主。万理衣一筋で吸血鬼の真祖にしてメガネっ子の裸マントの松沢桃子(吸血鬼で裸マントの幼女って最近どこかで読んだなぁ。具体的にはGA文庫あたりで)。可愛い女の子が好きでエッチで過激なことが好き。皆から慕われている。隣の席の気になるクラスメイトの西本万理衣。平均的な性格の女子で、主人公と両想い。後半には設定上出番がほぼなくなるのが何とも残念。桃子の友人にして下僕1号でMな吉永紗理。家が神社で巫女な興梠みつき。基本、このメンバーで話が進む。全体的にみると、キャラクターはわりと普通と言えるかもしれない、小学五年生的には。まぁ、小学五年生の頃って、結構純粋でしたよ。その点、思考回路としては中々的を射ていると思います。
 構成は、前半が完全に小学五年生たちによるエッチなゲームの描写が中心となり、後半は若干シリアス込みのオカルトなバトルありの展開となっている。前半の内容は、桃子が主催しそれぞれエッチな罰ゲーム付きで、王様ゲームに女の子だけの深夜の全裸プールと騎馬戦、リコーダー演奏、ヌードデッサン(絆創膏あり)、深夜のお散歩と達磨さんが転んだという感じ。ただ、一部個人的には、前半のような展開で押し通してしまっても良かったとは思うが。まぁ、最後は落としどころとしては妥当ということであろう。この辺は何となく竹井10日著『10歳の保健体育』が思い出されます。
 世界観は、細かいところはなしで、という感じ。吸血鬼や路傍の奇石などのオカルト的なモノについての説明は、あまり語られていない。別に手を抜いているわけではなく、これは純粋にロリを楽しむものなんだなと思いました。
 文体は、わりかしあっさり描かれているので平均的に読みやすい。特徴的なことも特にない。理由は、まだ性の目覚め前の小学五年生の視点によって語られているためであろう。なので、ねっとりあるいはじっくりと小学五年生の女の子たちが描写されているわけでない。本当に、身体的描写は軽いサービス程度(ただ、シチュエーションとしては過激)。発言も桃子とみつき以外は小学五年生程度のものです。また、翔が万理衣一筋なのもあっさりしている理由の一つと思われる。
 内容は、ここまでアブナイもの出すなら、もっとやってほしかったと思えた。エッチなゲームなどの内容を最後までやっても良かったと思うし、もっと詳しく描写しても良かったと思う。特に、ゲームのほうは描写が少ないので、少々残念。シチュエーション的には大変おいしいので。小学生が全裸でプール大会とか裸絆創膏でヌードデッサンとか。吸血鬼ゆえに吸血行為にも快楽がある点についても。しかし、イマイチ萌えないのは翔と万理衣がお互い気持ちが通じ合っているからだろうか。主人公特性として、美味しい目に遇うのはお約束としても。最後のオカルト的展開及びバトルは少々中途半端感が否めない。しかし、イラストが素晴らしすぎるでしょう。特に、P105とP151のイラストはラノベとしては凄すぎる。本当に、おもらしとおしっこネタを入れてくるとは私の想像以上でしたよ、えぇ。
 ネタとして釣られにいった私ですが、これはこれで中々楽しめたキワモノでした。我こそは紳士である方はどうぞ。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

助六

Author:助六
 主にラノベをマイペースに読んでいる人。買う量の自粛が出来てないので、かなりの速度で積読増加中。
 未熟者なので試行錯誤しながら、運営してますのでどうぞよろしくお願いします。
 TwitterID:「mokusimo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。